2017.02.13

『プロ棋士という仕事』

将棋の青野照市九段(将棋連盟専務理事)が、プロ棋士という仕事について2ページ1題で語る本です。

将棋棋士の仕事の紹介が表立ってのテーマですが、これ実は棋士界のお金の流れを明確にみんなに理解してもらうために著した本ではないかと感じます。

棋士の収入についても、具体的な数字は伏せているものの、2年目サラリーマンなどの比較で、腑に落ちやすい解説がなされています。

中身をきちんとわかりやすく解説することによりスポンサーにお願いしやすくする、そんなことを狙ってわざわざ書いたのではないでしょうか。

| | コメント (0)

将棋会館道場

2月5日(日)に千駄ヶ谷の将棋会館道場に行ってきました。たぶん半年ぶりくらい。

Img_3209


僕と息子(小5)は14級スタート、息子の友達(小4)は15級スタートでエントリー。

僕は午前中3局。級位認定ない人と平手で負け、14級の小学低学年に平手で勝ち、級位認定ない人と平手で負けです。3人目の人は待ったが多く、ちょっとマナーがなぁ。

昼はほそ島やに向かうも休み。日曜日だからね。ホープ軒に向かうも子どもらが興味を示さず(店構えが玄人好みなのは敷居が高い)、結局駅前を過ぎてみろく庵。見た目は居酒屋風。
Img_3216

中に入ると、タバコの匂いが充満してて、やはり居酒屋。昼から飲んでいるグループもいて、やはり居酒屋。

僕がチキンカツ定食、息子がざるそば、友だちが肉じゃが定食。定食はご飯の量も多く小鉢も立派でメインがなくても食事として成立するくらい。チキンカツもデカイ。これは、腹一杯になります。これにカキフライを注文したりみそ汁に餅を入れる某プロ集団は何を考えているのか。

Img_3217


将棋会館に戻り、対局再開。11級女子高生という将棋会館には珍しい属性の人と角落ちで対局。きちっと矢倉に組めたつもりだったのだが、攻めの段階で相手の歩の手筋がビシバシ決まってしまい駒損を重ね、負けてしまいました。途中から父親らしき中年男性が急かしに来てたのですが、一手ごとに長考をする姿勢は崩しませんでしたね。きちんと指す女の子の印象でしたが、指さないで駒を触って考える「お手つき」が多いのが気になりました。相手の手番中に盤の別の方面を考えていたら7筋の歩を触って、ただ触っただけか進めたのかわからなくなり指したか聞いちゃうくらい。

結果、僕は 級認定なしに平手で負け、14級に平手で勝ち、級認定なしに平手で負け、11級に角落ちで負けて3勝1敗となりました。
その間に息子は14級に平手で勝ち、15級に平手で勝ち、13級に平手で負け、14級に平手で勝ち、10級に飛車落ちで勝ち、8級に2枚落ちで勝って見事13級への昇級を決めました。息子に負けて悔しい。

| | コメント (0)

2017.02.10

食器棚のせいで冷蔵庫が入らなかった話

先週の日曜日、冷蔵庫を購入。(洗濯機、エアコンの話は覚えていれば別記事で。)

現在は16年前に買った380㍑の機種を使っているのですが、バーンと500㍑機に買い替え。お店で部屋の間取図を見て問題なしと確認して発注です。

で昨日、冷蔵庫が届きました。運送屋さんが経路確認して…食器棚があるから搬入できませんね、と。

確かに、食器棚が台所の入り口を10cmくらい塞いでいるんですね。僕の確認ミス。申し訳ない。

で、再配達の段取りを考えなきゃいけないのですが、食器棚が自力で動かせるか否かがわからないと計画が立てられない。ということで、食器棚を動かせるかどうかのテストをすることに。

大きな食器棚なので、中身を全部出さないと動かすことはできない。なので、中身を全部出しました。乗っている炊飯器や電子レンジも退けます。

少し手前に引き出し、脚部に乾いた雑巾を踏ませるができるか。




とりあえず前面側だけですが、なんとかできました。このまま雑巾を滑らせて手前に引き出し、奥側にも雑巾を踏ませることができれば、あとの移動は床を滑らせるだけです。

しかし汚い写真ですね。台の四角く汚れている部分は電子レンジを置いている場所です。ここからは、雑巾と布巾とマジックリンとマイペットをフル活用しての局所的大掃除。やはり台所に置いているものは油汚れがたまりますね。

なんだかんだと、丸一日食器棚と格闘して休日が終わりました。

| | コメント (0)

2017.01.31

『牝猫たち』

『牝猫たち』



池袋の風俗嬢を描いた映画。日活ロマンポルノリブートプロジェクトの作品です。

70〜80分の短編で10分に1回の濡れ場を入れるという制約付きの成人映画のジャンル。このジャンルでいくつか公開されている作品の一つです。機材のデジタル化などで撮影費や配信費が安くなっているから復活したのでしょうか。

で、この作品。ネットカフェ難民、シングルマザー、不倫といった女性が無許可営業のデリヘルに集い、客として描かれるのは引きこもり、高齢者、ヤク中の芸人。ネット炎上を狙う若者や個人のベビーシッター青年なども登場させ、現代社会の暗黒部をステレオタイプに描いています。

退廃的だけど現実的な世界観のなか、ただ彷徨う女性の心を追う映像。そのセックスに愛があるのかどうか、女性にすらわからない。何にしろ今ここで求め求めれ、時が過ぎ去ればいい。そのセックスに現実感なんてまるでない。

妻を連行された夫は、児童虐待の母とヤク中の彼に連れられていった男の子はどうなるのか、その先の物語を想像するとぞっとする。そういう後味の悪い感覚を観客に残すのが製作者の狙いだろうか。

牝猫たち(リンク先は日活ロマンポルノリブートプロジェクト)

| | コメント (0)

2017.01.26

『住友銀行秘史』


昨年くらいに経済誌などで話題になっていた本。気にはなっていたものの、なかなか読むまで至らずでしたが、ようやく読むことに。

バブル崩壊の象徴とされるイトマン事件に対するメインバンクである住友銀行の首脳の動きを、当時の部長のメモと解説により読み解こうというものです。

この本を読んでいて思うのが、大企業の幹部たちがいかに「人事を巡る権謀術数」に興味があり、そこにのみ焦点を当てて行動をしているか。そして、そのことがいかに組織を歪めてしまうか。実務としてサラリーマンをしている人間にはよくわからない世界なのですが、こういう世界が本当にあるものなんですかね。そんなことにパワー割いてないで仕事をしろと言いたい。あるいは、高度成長期からバブルの頃はこの世界があったからこそ日本は成長できたのでしょうか。

イトマン事件でなぜ許永中や伊藤寿永光などに暗躍されてしまったか。本書では磯田会長と河村社長の独裁により招いてしまった事件と描きたいようだが、ほんとうそうなのか?という疑問が残って本が終わってしまう。
著者の國重惇史氏はのちに住友銀行を出て活躍することになるのですが、このイトマン事件での「メモ」を書いている時点で、そしてこの本を書いている時点でも、いかに傲慢で自信家なことか。

イトマン事件を横から見ている立場の職員のメモが経済史に非常に重要な史料であることは確かでしょうが、この本の体裁はどうかな?と思ってしまいます。


| | コメント (0)

2017.01.24

『言の葉の庭』


君の名は。の新海誠のアニメ。雨の新宿御苑が舞台です。

冒頭の新宿御苑新宿口の入口、アルコール持込禁止の看板が何気なく印象的に描かれます。そして、雨の御苑の東屋のベンチと金麦を印象深く刻み込みます。

主人公の靴製作は、耳をすませばのバイオリン職人と同じ印象。現実そうで非現実的な、少しカッコいい職人を目指す夢。ただ、言の葉の庭の靴は「歩く」というストーリーにつながる暗喩なのがポイント。

職人を目指す努力が大人じみて、高校の授業を聞くのは子どもじみているという感覚は新海ワールドなんだろうか。秒速5センチメートルでも、君の名は。でもそうだったか。あるいは中高生を扱った映画作品は全般的にそうなのかもしれない。少しだけ日常から離れた体験を求めて映画作品を観る気分そのものかもしれない。

その映像のベースにあるのが中央総武線の線路だったり新宿駅だったり、新宿御苑だったり。日常にベッタリ張り付いた光景を美しくデフォルメして映像にする。現実との距離感の錯覚に没入する40分の作品でした。

言の葉の庭

新宿御苑でのビールに憧れるが、くれぐれも御苑内では飲酒禁止です。

| | コメント (0)

2016.12.28

『暗渠マニアック!』

暗渠。蓋をされたり地下に埋められてしまった川です。平面を都市化するにあたり、どうしても元の地形に逆らえなかった痕跡を見ることができて、人間が克服できなかった自然を見るようで楽しかったりします。僕の身近で言えば、例えばガスト若葉台店の西側に流れる暗渠(マクドナルド裏の貯水池から三沢川に流れる暗渠です)や、玉川上水緑道(おなじみ玉川上水の跡地)なんかがありますね。こういう場所、微妙にうれしい。新宿周辺では蛇崩川や、神田川支流など細かい暗渠もたくさんあります。

微妙に暗渠が気になっていたところ、本屋でこの本を見てしまいました。「暗渠」なんて言葉が書店で平積みされているなんて。(どうやら「ブラタモリ」効果らしい。)

暗渠マニアがアンソロジー的に集めた暗渠探検記。暗渠の目印や加工度による分類など、さすが書籍にするほど暗渠を研究してしまう著者です。これは、参考になったし、もっと暗渠を探検したくもなってきます。

過去のブログを検索したら、いくつか暗渠絡みの記事がありますね。

五反田川探索
向ケ丘遊園駅南口の河川跡通路


| | コメント (0)

2016.12.27

『棋士の一分』

10月に騒動になった三浦九段のカンニング疑惑、12月26日の第三者委員会会見で疑いが晴れました。この3ヶ月間の出来事は、将棋界に大きな禍根を残してしまいますね。

その騒動の中でひときわ声が大きかったのが、橋本崇載八段。騒動の勃発時に「1億パーセント黒」など過激な発言をしていました。その前も、電王戦で「将棋に似た別のゲーム」など、将棋ソフトを全否定する発言があったり、ソフトと関わっているもの(関わっていそうなもの)を極度に避ける様子が感じられました。

その橋本八段が、この騒動の最中に出版したのが本書。やはり、将棋ソフトに対する極度のアレルギーを持たれているようです。

本書を読んで感じるのが、棋譜は人間が残すものだから価値があり、ソフトが残す棋譜には価値がないと考えているということ。研究も、ソフトが編み出した手については価値がなく、人間が考え抜いた手こそが価値があると考えていますね。研究にソフトを用いることを公言している若い棋士(千田翔太六段のことです)のことなんか、正直言って全否定なんでしょうね。とにかく棋士がソフトと関わること全般的に否定しています。

(1) 棋士の棋力とソフトの棋力が比較されること
(2) 棋士がソフトを用いて研究すること

この2点を否定しているのですが、本文中ではこの2点が混同されていて、意見がわかりにくく感じます。

僕個人としては、上記2点とも否定するのはこれからの将棋界にとってマイナスと感じます。まず(1)のソフトの棋力。これは、ここ数年間が拮抗状態ですが、あと数年でソフトが圧倒的に強くなります。ディープラーニング手法などAI技術が進化しているのとCPU性能が向上を続けていることから、どうしようもないことです。これは、棋士も将棋ファンも認識しているはず。正直言って、ファンにとってあと数年だけの楽しみなのです。その後は、どうでもいいことになってしまいます。そして(2)のソフトを用いての研究。これも、いままで固定観念に縛られて気付かなかった手がソフトを用いた棋士の手により開発されることを期待しているのがファンではないでしょうか。しばらくは従来の研究手法を用いた棋士とソフト研究の棋士とのぶつかり合いが楽しくもなるでしょうし、そうやって新しい定跡が棋譜として残ることをファンは期待しているのではないでしょうか。

棋士こそが将棋の最良の棋譜を残すべきで、ソフトではなく棋士こそが頂点にあり続けなければならないというのは、橋本八段が持っている強迫観念のように感じます。ファンは、ソフトという世界と棋士という世界が隣接して存在していることは認識しています。そのうえで、例えソフトの棋力が棋士を上回ったとしても、棋士の対局と棋譜を毎日楽しみに待っているのです。

いくつか本書に同意する部分もある。例えば、タイトル戦のニコニコ生中継。生中継をするサービス自体は素晴らしいのですが、他の生中継動画と同様に「弾幕」と呼ばれるユーザのコメントが画面を流れる方式を取っている。(それを表示しない設定もあるのだが。)これが、いかにも品がない。弾幕禁止で、コメントは脇表示限定などの設定で生放送できないものだろうかと思う。

あと、将棋連盟の運営。現在、将棋連盟の運営は棋士によって行なわれている。しかし、棋士は将棋を指すことにプロではあっても、組織運営においてはプロではない。「マネジメントやストラテジー、交渉といった部分においてスペシャリストを起用する発想が足りない」(P.99)のだ。正直、現在の連盟の運営は、棋士だけではそろそろ立ち行かなくなる。将棋という価値あるコンテンツを組織運営の素人が管理すると、それこそソフト業界などが面白みを全部持って行ってしまうかもしれない。まだ新聞が棋譜を高く買ってくれるこの時期のうちに、新聞社の管理部門から出向を受け入れるなどして、組織運営のプロに組織を運営してもらうべきではないか。そして棋士の理事会は名誉職化することで、谷川会長のA級復帰なども望めるかも知れないではないか。


| | コメント (0)

妻のiPhoneSEを購入(LINEの移行に失敗)


妻がガラケー使いだったのですが、いろいろ不便になってきてとうとうスマホに機種変することに。MVNOやらAndroidやらいろいろ選択肢はあったものの、結局iOSデバイスが楽そうとiPhoneに。iPhone7とiPhoneSEとの比較では使いやすそうな大きさのSEに軍配が上がり、iPhoneSE(64GB)をauショップで購入しました。

自宅でゲーム用に使用しているiPhone4sから復元を目論み、ガラケーのアドレス帳をauのデータお預かりサービスに移行し、その他の端末設定はなしで帰宅。フィルムはauショップのお姉さんに貼ってもらいましたけど。

前夜にWindowsのiTunesにバックアップを取っていたiPhone4sの情報から復元開始。しかし、いくつかのアプリが「復元中」の暗いアイコンのまま復活しません。2時間ほど待っても復活しないため、諦めてアプリを削除して再インストール。その中で微妙だなと思ってたのがfacebookとLINE。facebookは妻のメールを使いアカウントを復元できましたが、LINEは携帯電話番号のSMS認証しかしてなかったので、アカウント復活できませんでした。いつの間にか、アカウントのキーが電話番号じゃなくメールアドレスになってたんですね…

で、新規アカウントを作成したら次々にメッセージが届く。届くたびに妻に見せなきゃいけない手間が面倒。まあ、あまり凝っても仕方ないので、設定はこの辺でおしまいにするかな。

iPhoneSEを触っての感触ですが、iPhone5sとの差異は全く感じませんでした。CPU性能などは相当良くなっているはずですが、実感できるものはないですね。Minecraftなどグラフィック性能に依存するゲームやぴよ将棋などCPU性能をフルに使うアプリでは差があるのでしょうか。

何と言っても、LINEの移行に失敗したのが痛い。

| | コメント (0)

2016.12.21

『女流棋士の春』


香川愛生女流三段が主演のショートムービー。聖の青春、3月のライオンと将棋映画が続くところ、間を縫っての上映。と言ってもミニシアター単館上映というマイナー映画です。下北沢まで観に行きました。水曜日20時の回、50席ほどの7割くらいが埋まってました。女性は3人で、あとはオッサン。

ストーリーは、単に男子大学生と女流棋士が目隠し将棋をするというもの。その棋譜の裏にあるストーリーを間に挟む進行。後悔を捨て最善を指す…と、将棋を指す心得を人生になぞらえるところがハイライトで、この手の格言(僕は「指した手が最善手」と捉えていますが)人生の視点に及ぼす影響はやはり大きいなと。

この映画のほとんどは目隠し将棋の進行で、すなわち主演と助演が棋譜を延々と読み上げるのです。一生懸命棋譜を追って局面を考えちゃうと映画が頭に入らなくなるので注意。

香川女流三段が主演する映画「女流棋士の春」。観る前にゼッタイ知っておきたい3つのキーワード - 日本将棋連盟

| | コメント (0)

«『海賊とよばれた男』