2017.05.24

『午後8時の訪問者』


知らない誰かの死に対する、後悔。タイトルの「午後8時の訪問者」は、主人公が営む診療所に逃げ込もうと診療時間後にベルを鳴らしたところの描写。主人公が扉を開けなかったことにより「訪問者」は何らかの原因で死んでしまう。主人公は後悔の念に苛まれ、事件を追う。

サスペンスものだが、サスペンスものの派手さはない。徹底的に地味に映像を作っている印象だ。予告編にもある黒人に車を止めさせられるシーン、そのシーンを印象的にするためのコントラストだろう。

低所得者層の居住地区の診療所の医師という設定。登場人物の中で自分だけがエリートという立場。途中に出てくるセリフ「偉そうに」が、この立場を集約している。不法移民が多い社会を描いているが、それが物語の本線なのかもしれない。エリートが、誰ともわからない黒人女性を悼むという心だけで、なんとかストーリーが進む危うさを味わうのが、この映画の楽しみかもしれない。

| | コメント (0)

2017.05.06

『牯嶺街少年殺人事件』


1960年頃の台湾を舞台にした映画。この頃はまだ中国本土の共産党政権樹立と国民党の集団移住が記憶に新しい頃で、主人公の両親もいわゆる外省人の公務員。

主人公の少年、小四の中学受験失敗による親のわだかまり、夜間学級通学による不良たちとの付き合いを、ゆっくりと描いてゆく。途中の激しい展開にドキドキするが、それはあくまでも物語に厚みを増すための伏線。長い上映時間のほとんどは、じわじわとした青春群像劇。結局、タイトルにもなっている「殺人事件」も淡々と描かれ、観後感に置いていかれるエンディングでした。

この映画、1990年頃に、1960年頃の台湾を描いた映画です。1960年頃は日本も戦後復興期であり混乱の最中であっただろうが、台湾も国民党・外省人が大挙して押し寄せ社会階層が大きく変わる大混乱期だったかと。上海近郊出身の外省人公務員(当時の台湾のエリート層なのだろうか?)を父に持ち、自分は受験に失敗して夜学に行く中学生。この社会的立場はそうとう不安だったろうと思う。1960年の台湾の世相が気になる。

スクリーンに描かれるセット、小道具で日本統治の面影を多分に感じさせる。日本家屋、日本刀、短刀。日本が台湾を統治するためのインフラを国民党が利用したのか、日本家屋が外省人の住まいになっていて、日本人でもノスタルジーを感じる映像となっているところも興味深い。

| | コメント (0)

2017.05.01

『ネットの高校、はじめました。新設校N高の教育革命』


角川ドワンゴがインターネット上に高校を開設するニュースが以前にあったことを、本書の新聞広告で思い出しました。

その後が気になったので本書を手に取りました。「ネットの高校」があり得るのか?と思ってたら、法律上の実態は通信制高校なのですね。広域通信高校という分類で、最近は不登校になった経歴のある児童の進路として重要な存在になっているジャンルらしい。ひと昔前は通信制=勤労学生でしたが、時代は変わったものです。

他の広域通信高校と大きく違うと紹介されているのが、ネットによる擬似教室と、プログラマ養成などの技能系でしょうか。個人的には阿部光瑠の指導が24上で得られる将棋部が羨ましかったり。(なんでも灘高将棋部に勝ったとか。)

しかし、本書は、雰囲気的には分厚い有料の学校パンフレットでしかない感じ。で、特別に輝いている生徒ではなく大部分の生徒の現実はどうなんだろう?がなかなかわかりません。まだ開校1年で、卒業生が社会で活躍するには時間がかかるので仕方ない面もありますけど。

| | コメント (0)

『3月のライオン』(映画版 後編)


先日観た「3月のライオン」の後編。アニメやコミックのストーリーからはだいぶ外れ、映画独自ストーリーが進行します。

ひなののイジメ問題や川本家の父親問題など、ストーリーにいろんな要素を組み込んできました。見どころを増やした感もありますが、話の焦点が絞りきれずボヤけてしまった印象が強いです。

主人公桐山零は、そして香子や川本家の娘、後藤など登場人物は孤独なのか。後編のストーリーは孤独さを強調して最後に連結を見せる工夫なのだろうなと、理屈で解釈しちゃうような演出でした。

これは、盛り込みすぎ残念って感じでしょうかね。それでも見応えは十分です。原作という土台が、かなり立派です。
3月のライオン

| | コメント (0)

2017.04.29

マッスルモンスター

プレジャーフォレスト(相模湖ピクニックランド)にアスレチック系の新しいアトラクションマッスルモンスターができました。こども新聞で取り上げられていて、息子(小6)が「行きたい」と。

で、家族4人で行きました。

駐車場に車を止めて門を入ると、マッスルモンスターの行き先案内看板がない。でも園内地図で西側の坂道を登ったところだと当たりをつけて坂道を登ります。これが、長い。かなりヘトヘトになって15分くらい登り続けたところに、ようやくマッスルモンスターがありました。途中、相模湖が見下ろせる景色のいい場所もあったのですが、景色を楽しむ体力の余裕はありませんでした。

10時半くらいに受け付けたのですが、12時30分からの回とのこと。身長120cm〜のアトラクションで、125cmくらいの娘(小3)はギリギリOK。

時間があるので、子どもらは横の大ブランコに。崖っぷちにある巨大ブランコで、下りの迫力は見ていてなかなかすごいものがあります。子どもらの反応は「面白かった」という、それ以上なんら情報を得られないものでしたが。

その後、観覧車、大空ブランコ(絶叫系マシン)を遊んだ後、お腹が空いたなと。でも、マッスルモンスターがある山の上のエリアは食事処も売店もありません。みんなで下山して食事してたんじゃ12時半のマッスルモンスターの予約に間に合わない。ということで、私が独力で山の下に買い出しに行くことに。門の近くの食堂でクレープと唐揚げを買ってまた登山。これだけで充分「マッスル」です。

マッスルモンスターでは、まず地面フロアで安全帯を装着し、安全帯の使い方を教えてもらいます。安全帯に2本のワイヤーが繋がっていて、2本ともコースにあるワイヤーに繋いで移動することになります。2本同時には外せない仕組みになっていて、転落事故を防止。これで、上階に向かいます。




各階、真ん中に大きめのフロアがあり、外周に6ヶ所「休憩所」があります。その間を、ワイヤーで繋がれたハシゴなどサスケ的な移動手段で移動する遊びです。



安全帯を繋ぐワイヤーの端に青、赤、黒のクリップがあり、それが各々のアトラクションの難易度を示しています。まあ、当然、青から行くよね。

で、家族4人で1→2と移動。息子はどんどん先に行ってしまいますが…。ここで、私、妻、娘が地点2に行ったところで問題発生。2→3のアトラクションが青印だが娘には難しすぎ、1→2が一方通行アトラクションなため、さっそく詰んでしましました。私や妻がいろいろ試行錯誤したもののここから移動できず、結局係員を呼んで2→1の逆走の裏技で救出してもらいました。行った先のことをよく見てから進まなければいけません。

妻と娘はやや簡単なアトラクションが多い2階に移動し、僕と息子は4階に。ここまで来ると、ただフロアに立ってるだけでも怖い。安全帯が命綱になっているとは言えワイヤーに繋がれただけの足場を渡るアトラクションは冷や冷やです。ここでも景色はいいものの、楽しめません。

1時間と短い時間制限でしたが、体力的にこれ以上は無理、僕にはちょうどいい時間設定でした。

下調べでこの記事を見てくださった方に

・山の上のエリアでは食事調達できない
・マッスルモンスター内では、行った先からのアトラクションもよく見てから進む

| | コメント (0)

『週刊文春編集長の仕事術』



「文春砲」でおなじみのスクープ雑誌「週刊文春」の編集長の、仕事に対する姿勢が書かれています。

繰り返し書かれているのが「フルスイング」。毎号、常にフルスイングであるべきだとのこと。これって、当然のことなんだけど、なかなか実施できない事柄。(よくある対極が「明日から本気出す」ですね。)これができる人は、キチンとした仕事ができる(本書でいうと、売れる記事が書ける)人なんですよね。

結局、全編を通してフルスイングぶりを語る本なのですが、合間合間にある人間付き合いの心構えやらリスク管理の間合いなんかも読み応えがあります。全く違う仕事をしている僕でも、勉強になる部分が多い。というか、人との接し方を心得ていて、リスク管理の勘所も押さえているからこそ、フルスイングできるのでしょう。

部下へのモチベーション管理法まで含め、日本の会社の管理職みんなにお勧めしたい本です。

| | コメント (0)

2017.04.09

『SING』

ユニバーサルの子ども向けミュージカルアニメです。
ドタバタコメディーを音楽に乗せて描きます。アングル自在カメラ長回し的なシーンなどもあり、CGアニメで観客を引き付ける技術も向上しているなと感じました。

劇中に使われている曲が多彩で楽しい。レディ・ガガやテイラー・スイフト、ビヨンセといったアメリカンポップ、J-POPからはきゃりーぱみゅぱみゅ、スティービーワンダーなどJASSソング、マイ・ウェイといったフォークなど、よくこれだけのジャンルを集めたなと。

作品はだんだんと盛り上がる定番的作りになっていて、子ども向けだけあって変に凝った構成にしていないのがいい。楽に素直に楽しめます。最後に1曲ずつ登場人物のソロ回し的なシーンが比較的長くあるのですが、ここで一番盛り上がるように作ってあります。大人でも盛り上がります。発声上映なんかやったら、大騒動になりそうです。

ジャンル多彩なのが面白いと思ったのと、子どもが最後のシーンで随分と楽しんでいたのとで、家に帰ってサウンドトラックを購入しました。残念なのが、サウンドトラックのほとんどが英語版上映の歌で、長澤まさみやMISIAの音楽が入っていないことです。(スキマスイッチ・山寺宏一の2曲だけはボーナストラックとして入っています。)

| | コメント (0)

『ムーンライト』



アメリカの下層黒人の貧弱男子を、静かに追った物語。描かれているのは貧困とドラッグ、イジメ。

あまりに不幸が美しく描かれていて、つらい。月夜が美しい。シャロンの鍛え上げられた身体が美しい。ただ、シャロンの鍛え上げられた身体は、自分の弱さを守る盾でしかないんだと思うと、切ない。

ムーンライト

| | コメント (0)

2017.04.06

神田川 淀橋〜東中野

この時期恒例の昼休み神田川花見散歩。

淀橋(中野坂下)から神田川に。



桜の遠景に高層ビル。





中央線列車と桜。



桜を見に橋に集う人々。



| | コメント (0)

2017.04.04

『騎士団長殺し』


村上春樹の新作。永年のハルキストの期待に沿った物語、文体の構成となっている。ファンタジーを取り混ぜた進行、冷静で時に皮肉を含んだ比喩、お洒落な舞台背景、孤独で孤高で完璧な登場人物。

60代後半の年齢になってしまった著者。おそらく永年の熱狂的なファンも同年代なんだろう。いわゆる団塊の世代。この小説の主人公のように世を捨て気ままに生きていく時間が、会社人生の中で設けられなかっただろう人々がファンの中心層だと思われる。村上春樹の小説の登場人物の生きかたには憧れがあるんだろうか、本の中(という安全な場所で)一時的に味わうことにこそ楽しもがあるんだろうかなんて想像しながら、ページを繰る。

2冊に分かれている長編小説。読むのにもかなり時間を費やしました。しかし冗長ではなく、メリハリの効いた構成になっていて、飽きさせない。最初は現実世界の描写から始まり、徐々いファンタジー要素を含ませ、後半はどっぷりファンタジーの世界に浸る。そして大冒険でハラハラさせて終結を迎える。しかし、その終結がどうなるかは冒頭で言ってるんですね。それをわかっていながらハラハラさせる技術も素晴らしい。

この物語には、車の車種を効果的に使っている。旅に出たプジョー、山の中の生活に使うカローラワゴン、完璧な隣人が乗るジャガー、少女の叔母のプリウス、港町の駐車場に止まっていたフォレスター。この本を読む直前に観た映画「ラ・ラ・ランド」でプリウスとリビエラ(古いアメ車)の対比が気になっていたことから、余計に車種に焦点を当てて読んでしまったのかもしれません。車離れの現代だからこそ、ちょっと古めの憧れの先にある車を焦点に当てたのかなと考えたり。

ところで、この小説の舞台は根府川あたりなんでしょうか?

| | コメント (0)

«『データサイエンティスト養成読本』