2017.12.17

『実践 行動経済学』

今秋のノーベル経済学賞で有名になったセイラー教授の行動経済学です。経済週刊誌などではここ数年ずっと話題でしたが、ここにきてもうひと盛り上がりというところでしょうか。

週刊誌での行動経済学特集は読んだことがあるものの、ちゃんと一冊を読んだことはないなと、Kindleでダウンロードしました。

人間は全知全能で合理的な判断ができる「エコノ」ではなく、知らないことも勘違いすることもあり怠惰でもある「ヒューマン」なので、一般的な経済学どおりに経済は進まないってのが、よくある行動経済学の説明。この本も、そのような進行。(てか、この本の説明を受けて経済誌の行動経済学は書かれているわけで。) この本の最初に、カフェテリア式の給食で、食べ物をどのように並べるのがいいのかという話題が出てきます。取りやすいところに置かれた食品が、当然いちばんよく食べられる。いい場所に、子どもの好みのものを置くのか、健康によいものを置くのか、いちばん賄賂をたくさんくれた業者の品物を置くか。本書ではこうやってところどころ皮肉を入れて話を例えていくので、なかなかに楽しめる本に仕上がっています。

この本に紹介されているアメリカの医療保険制度に驚きました。なんと、医療保障プランのデフォルトをランダムに割り当てると。社会保障制度なんて複雑極まりないものなので一般市民はたいてい「おすすめ」をそのまま受け入れざるを得ないのに、最適かどうかわからない「ランダム」を割り当てられるってどういうこと?と、そりゃあこの手の経済学者は面白がって取り上げますよね。

この本で「ナッジ」という言葉がたくさん出てきます。化学反応の触媒のように、変化のきっかけというのでしょうか。甲乙付け難い複数の選択肢におけるサジェストという感じなのか。そのナッジを、どのように行うか、難しいところです。ナッジを効かせすぎると市民から選択の自由を奪ってしまう。しかし、いいナッジを与えないと、非合理的な選択があふれてしまう。本書の最後のほうで「選択の自由を促進する形で介入するべき」とあり、まさしく政府はそのような介入の方法を手探りでやっていかなければならないのでしょう。専制君主ならともかく、民主主義はそれぞれが決めなければいけない重荷があるので、それをどうよりよい方向に生かしていくか、行動経済学の今後の成果に期待したいです。

| | コメント (0)

2017.12.09

ちょっと本気で英語を勉強してみようかと思い立つ

「英語」僕にとって明らかに苦手分野です。高校生の頃も模試の点数が取れず、センター試験でも大きく得点を落とした科目です。大学に入っても、講読の授業は苦痛で、在学中に読むことになるだろうと思ってた物理学の専門書は読み切ることはありませんでした。

そのままダラダラと社会人をやってるわけですが、Kindle Paperwhiteを買ったあたりからデバイスを活用して英語に触れる機会を増やそうとReutersのNewspaperをKindleで購読したり、NHKの「ニュースで英会話」を毎日聞いたりしてたのですが、結局どれだけ英語力が上がったのかわからないままです。たぶん、数値で評価できるものは何も向上してないんだと思います。

先月半ばにKindleのReutersが配信されなくなるトラブルがあり、そのままReutersの購読を中止してしまいました。この先どうするかなあと思いあぐね、結局「この際、本気で数値目標を定めて勉強してみてはどうか?」との結論になりました。

さっそく、英語通信教材の「アルク」のサイトを見て、TOEICにチャレンジしてみようと考えまた。簡易テストでおススメ教材がTOEIC500を目指すコースと出たので、それを信じて教材を発注。3万円ちょいと、かなりの出費ではありますが、人生においてこの程度なら投資すべきでしょ。いつやるの…今でしょ、ということで、ポチり。



3ヶ月の教材ですが、思ったほどボリュームはなかった。音源はMP3をダウンロードせよというものですが、実際にはアルクからスマホアプリが提供されており、そのアプリで音源を利用できます。語学の勉強も、デバイスの進化により、負担が低くなってます。

さて、これでどういう数値目標にするか。この教材が3ヶ月でTOEIC500点を目指すというもの、ネットで見てる雰囲気では履歴書に書けるTOEICの点数が600点以上らしいことから、3ヶ月後に500点、半年後に600点(そのためには後続のさらに高価な教材が必要ですが)を目標にすることにしようかと。いや、ここで半年後600点目標を宣言して自分の縛りにしてしまいましょう。

今の生活で英語の勉強のための時間をオンすることは現実的でないので、自転車の「朝のサイクリング」と、将棋の勉強を封印し、英語の勉強の時間に充てようと思います。(娯楽として、日中のサイクリングと(棋譜並べを伴わない)将棋観戦は禁止しないつもりで。

さて、どこまでできるか>オレ。

| | コメント (0)

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

閉塞感のある建築労働者の描写。生きていくしかないから、働けるだけ働く。しかし賃金は少なく、ガールズバーなんてとても行けない。そもそも働くだけの身体がいつまで持つかもわからない。

そんな環境下での、他人との距離感を掴めない、コミュニケーションが上手く取れない青年の物語。片目の視力を失っていることは、距離感を失っていることの隠喩なんだろうか。

もう一つの物語は、常に「死」の近くにいる看護婦。主人公慎二とは友人の死を通じて知り合うのだが、その後も死を感じさせる場面はいくつもあり、観客を不安にさせます。

ラストが、孤独感にあふれた結末なのか、ハッピーエンドなのか判断が付きかねる微妙な終わり方。どうであれ、人間なんてざまあみろと言いながら死ぬまで生きるしかない。

| | コメント (0)

2017.12.01

『伊藤真の商法入門』

Kindle Unlimitedをブラウズしてて目に留まりました。商法・会社法は普段の仕事で重要な知識ではあるもののビジネス実務法務試験のときくらいしかマトモに勉強してないし、おさらいしとくかとダウンロード。Unlimitedに埋もれていた本なので駄本だろうと思い読み始めたら、意外に(失礼)ちゃんとした本でした。著者を調べると、司法試験予備校の有名講師なんですね、なるほど。

内容は主に(1)会社法 (2)手形 (3)商法総論 です。特に会社法のウエイトが大きい。委員会設置会社が登場してから株式会社の仕組みも複雑になりましたからね。本書では、どういう利害関係を守りながら、どういう効率を求める意図を持った法律なのかという視点で説明が続きます。条文の丸暗記ではなく、法の目的を理解することに重点が置かれていて好感が持てます。

このシリーズは他にも何冊かがUmlimitedの対象になってますね。他の分野の法律にも手を出してみるかな。



| | コメント (0)

2017.11.29

『必勝法の数学』

アマゾンでふと目に留まってポチった本。その名も「必勝法」。完全情報ゼロ和交互ゲームで先手必勝型、後手必勝型のゲームの数学的解釈をわかりやすく書いた本です。

この本の基本的なベースになっているのが、2山くずしというゲーム。実は僕はこのゲームをやったことがなく、ルールを本書から読み込んで娘を巻き込んでゲームをして、ゲームの進行を覚えるという手間がありました。やってみれば単純なゲームなのですが、なるほど数学で取り上げそうだなという感のゲームです。ゲームのルールはWikipediaを参考)

これを最終局面から機能的に辿り、後手必勝型、先手必勝型の局面分析をします。この分析で2進分銅表現から派生させた「ニム和」とかいう怪しい関数を作り出しちゃうところが数学の面白さ。

その他も随所に数学で遊ぶ楽しさが散りばめられています。

この本の難点が、酒を飲んじゃうと内容が全く理解できないことと、内容を理解するのに紙と鉛筆が必要なこと。ビール飲みながら寝転んで気軽に読む本を求めてたら、読み終わりません。酒を我慢して机に向かって読むとか、いつ以来だよ。

| | コメント (0)

2017.11.17

『イレブン・ミニッツ』

劇場公開の頃に気になってたけど行けなかった作品を自宅のテレビで鑑賞。

午後5時からの11分間、いろんな人物の動きを切り替えて見せます。監視カメラのモニターが関係ない風景を断片的に映すように。

いくつかのストーリーが同時並行で進むのですが、いずれのストーリーも単純で取るに足りないもの。しかし、それぞれの映像を、観客がイラッと来るような見せ方をする事でクライマックスにストレスの頂点が来るようにできています。

悲劇の群像劇と言えばそれまでだけど、そこに至るまでの映像の試みというか遊び方が斬新。決して「見てよかった」との観後感はありませんが、しばらく喉に引っかかった小骨のように心から離れなくなりそうです。

| | コメント (0)

2017.11.15

『人工知能の核心』

夏頃に人工知能を取り上げるNHKスペシャルの番組があった。ここで代表的なAIとして取り上げられているのは、将棋ソフト。この番組の取材にトップ棋士の羽生善治が大々的に協力しているのですが、その取材の際に得た知見を文書化したのが本書です。

本書は技術書でもなんでもなく、また著者の羽生善治棋聖もAIの専門家ではありません。ただ、日本人のなんとなくのイメージで現在の日本の頭脳を代表するものは羽生であり、進化するAIに対峙すべきは羽生だという感覚があるのでしょう。なので、この人選。

本書を読んで、専門家ではないけどAIの近くにいてAIに思うところがあり、聡明で常識的な感性を持つという羽生善治に取材協力してもらったという実績は、今後AIを実用化していくにあたり非常に有益だったと思います。AI専門家の観点ではなく、それを受ける側の観点を専門家に示し、「人間」の頭脳の権威として意見を言ったことが、専門家に今後の方向性を与えたのではないでしょうか。

本書の書評として、AIの入門に!なんて表現を見かけますが、本書はそういう目的で読むと肩透かしです。専門家の意見を聞いて、素人としての解釈を本に落としただけです。AIの専門家の話はわからないけど、一般人としての解釈だけストレートに知りたい目的ではいいかもしれませんね。

後半はAIの倫理関係。サンデルの例題みたいな人間でも解けないような倫理の課題をAIが与えられちゃうかもしれないなんて考えると、恐怖ですね。

| | コメント (0)

2017.11.08

『非対称情報の経済学―スティグリッツと新しい経済学』

アンリミ(Kindle Umlimited)の光文社新書から。

非対称情報下の市場経済という分野で2001年にノーベル賞を取ったスティグリッツの考えを一般にわかりやすく新書に示したものです。2002年の著書なので、比較的旬な頃に書かれたのでしょう。

一般的な経済学での需要供給曲線は、経済の参加者が全ての情報を得ていて合理的な選択をする前提で書かれていますが、実際にはそうではありません。合理的云々の部分は最近流行りの行動経済学で詳しいのですが、本書で取り上げるのは参加者が全知ではないこと。片側だけが情報を得ていることで需給曲線にどういう影響があるかをわかりやすく解説しています。

本書で取り上げる題材は、中古車(レモン問題)、保険(モラルハザード問題)、雇用といったものです。題材に対していくつか仮定を入れて需給曲線をいじるのですが、もう少し数学的に遊んでも面白いのになという物足りなさがあります。ただ、当時ブームになったスティグリッツを広く紹介する目的ではこれ以上深く掘り下げると難ありなんでしょうけど。

スティグリッツの人物像や、小泉改革による日本経済など、出版当時に要請されただろう事柄に紙幅を割いていることからも、あまり後年に深く読まれることは想定していないようです…

| | コメント (0)

2017.11.04

Kindle Fire 7 (2017)

いま使っているKindle PaperwhiteはReuters購読の関係でUSのアマゾンアカウントと日本のアマゾンアカウントを切り替えながら使っています。これがけっこう面倒。Kindle端末もう一台あれば楽なのになあと思いながら過ごしていました。

ふと、アマゾンのセールに屈してFireタブレットを買ってしまった。Fire7という7インチタブレットで、プライム会員用価格で3,780円でした。(年に1度くらい、もう数百円安くなる時期もあるらしい。)まあ、日米アカウント切り替えの問題が解決するなら4千円程度の投資は許容範囲かと。

一昨日の夜にポチって昨日にもう届いたので、早速Wi-Fi設定などして使えるように。

その前に、簡単にスペックを。
【Fire 7 (2017モデル)】
IPS 7インチ 600x1024(171ppi)
192 x 115 x 9.6mm 295g
ストレージ 8GB
バッテリー持続:8時間

で、わが家にあるデバイスと並べて大きさ比較するとこんな感じ。



(左から時計回りにiPadPro9.7(2016)、Fire7(2017)、Paperwhite(2013)、iPhone5s)

輝度は整合性を合わせていないので、この際無視。画面の大きさは面積でiPad9.7の半分、iPhone5sの倍、ほぼPaperwhiteと同じと言ったところでしょうか。ただ写真ではわかりませんが、Fire7はPaperwhiteに比べて若干厚く(9.7mm:9.1mm)、かなり重い(295g:213g)。数字以上に重く感じます。

実際に読んだ感じはどうか。今回は固定レイアウトのA4版雑誌を全画面表示してみました。

↓iPadPro9.7(2048x1536 266ppi)



↓iPad2(9.7" 1024x768 132ppi)



↓Kindle Paperwhite(2013)(6" 1024x758 212ppi)



↓Kindle Fire 7(2017)(7" 1024x600 171ppi)



さすがにPaperwhiteやFire7で雑誌全画面表示はあり得ないのですが、参考に。ちなみに画面サイズが同じiPadProとiPad2では雑誌全画面表示にした時に解像度の違いが明確で、iPad2ではぼやけて見える字がiPadProではくっきり見えます。僕の場合、タブレット等で画面解像度を実用上気にするのは、この使い方だけですね。

Fire7では雑誌全画面表示は画面サイズからしてあり得ないのですが、Paperwhiteと違い簡単に拡大表示ができるので、雑誌を読むのはiPadProで読むほど快適でないにしろ現実的です。Kindle Umlimitedで雑誌を読むことが多いので、これは便利な点。

いくつか、Fire7の残念な点を。

・ロック画面が広告
スリープボタンを押して最初の画面が、広告です。現在は、なんだか派手なゲームの広告が表示されてしまいます。ダサい。

・標準はアプリを削除できない
メールやブラウザなどの標準アプリをアンインストールできません。読書端末にしたいのに、余分なものをずっと持ち歩かなきゃいけない。そのせいでホーム画面も散らかりっぱなし。

・アマゾンアカウントと紐付いちゃってる
これが最大の難点。ショッピングアプリもアンインストールできないので、端末を操作できたら買い物し放題。Paperwhiteの場合は書籍コンテンツくらいしか購入できなかったのがショッピングアプリだと何でも買えちゃうので、さすがに問題。仕方なく端末にロック解除パスワードを掛けるのですが、今度はいちいち広告画面上でパスワード入力しなければならないストレスが。
・何と言っても、重い(Paperwhite比)
Paperwhiteユーザとしては、Fire7は重すぎ。しかも、画面ギラギラ。Paperwhiteの快適さを再認識です。

まあ、いろいろ不満はありますが、次期Paperwhite発売までのつなぎとして、4千円分くらいは活用しようと思います。

| | コメント (0)

2017.11.03

Fire7をポチった

アマゾンがFireタブレットのキャンペーンをやっていて、最廉価版のFire7をポチってしまった。プライム会員なら4000円以下で買えてしまう、衝動買い誘発設定で、つい衝動買いしてしまった。

てな訳で泥縄ながら今の手持ちのPaperwhiteとスペック比較

【Kindle Paperwhite(第2世代2013モデル)】
Carta E-Ink 6インチ 758x1024(212ppi)
169x117x9.1 mm 213g
バッテリー持続:数週間
ほぼKindle読書アプリのみ

【Fire 7 (2017モデル)】
IPS 7インチ 600x1024(171ppi)
192 x 115 x 9.6mm 295g
バッテリー持続:8時間
Kindle、Amazonビデオ他アプリ導入可

読書端末とだけ考えると見事にスペック劣化。重いし大きいわりに表示ドット数が下がり、電池の持ちも圧倒的に悪くなる。だって、4000円だから。

今のPaperwhite運用は、新聞購読の関係でUSのアカウントと日本のアカウントを切り替えながら使っているのですが、これが不便。アカウントごとに端末があればいいなと思っていたので、Fire7の導入を機にアカウント固定で使いたいです。だとすると、外出先でFire7、自宅(特に寝る前)にPaperwhiteの運用になるでしょうか。

| | コメント (0)

«小田急が複々線ダイヤを発表