2020.11.22

華屋与兵衛に続いてリンガーハットまで閉店

E7ce46e0d12c49289543ce734630c60d

はるひ野地区の北を通る上麻生蓮光寺線。はるひ野駅入口交差点はサイゼリア、マクドナルド、リンガーハット、華屋与兵衛が集まるちょっとした外食集積になってました。徒歩圏で簡単な外食が選べて便利な交差点。

先日、華屋与兵衛が閉店になりました。ゼンショーグループの中で業態変更をするのかなと期待していたら、残念ながら「テナント募集」の貼り紙がしてありました。ゼンショーはこの地から撤退のようです。

さらに、なんと隣のリンガーハットまで閉店!これで、この交差点の飲食店は4→2店と突然の半減です。寂しくなるなあ。これもコロナの影響なのでしょうか。

| | コメント (1)

2020.11.21

『妻のトリセツ』


以前ブームになってたような気がします。続編まで出ているようで。Kindle Unlimitedに並んでいたので読んでみました。男性脳はこう、女性脳はこうだというステレオタイプ的な言い方がたくさんあります。こういう偏見を持ってしまうと女性の社会進出の妨げになるんで、ベストセラーになっちゃいけないんですよ…。

妻の機嫌を良くするのには(妻がキレるのを半減するには)こういうことを心掛けましょうという指南書ではありますが、そんなこと気にしなきゃいけないくらいなら少々機嫌の悪い妻を受け入れますよっていう男性が多いんじゃないかな。

| | コメント (0)

2020.11.20

『世界最先端のマーケティング』


MUJI Passportの企画を行うなどリアルとネットのマーケティングを経験した著者によるマーケティング指南書。

顧客体験を選択→購入→使用と時間軸で整理し、それぞれをオンラインとオフラインに分けて象限に配置する手法が軸。この整理で自社がいまどのポジションにあり、どのポジションを狙っていくのかが明確になる。本書に書かれている成功事例は後講釈であり各企業がそのまま真似して成功できるものではないが、それらがどのポジションで攻めたか振り返ることは有用。

さすがに「世界最先端」は言い過ぎだけど。

| | コメント (0)

『法廷会計学』


粉飾決算に絡んだとして有罪になったことのある元会計士の著者が、粉飾決算に絡む会社と会計事務所の関わりを公開されている決算報告書から読み解くという本です。

この本で取り上げられるのは、日興コーディアル証券、日本航空、ライブドア、NOVA。いずれもニュースになった大きな経済事件です。

決算報告書という小さな糸口から決算の矛盾を見つけ、実態を推測する手法が刑事ドラマを見ているようで面白い。経済事件に絡んだとして長いあいだ裁判で闘った著者ならではの視点があればこその分析なのでしょう。

| | コメント (0)

2020.11.13

『オブジェクト指向でなぜつくるのか』


プログラミング言語の一つの種類である「オブジェクト指向」の解説本。

クラスから作ったオブジェクトのメソッドを呼び出す仕組み。僕の認識はこんな感じ。これはだいたい合ってるようだ。本書ではオブジェクト指向で大切な要素は「クラス」「ポリモーフィズム」「継承」だという。クラスは理解してないとコーディングできないし、継承は便利にライブラリを使わしてもらってるから何となく身につくけど、ポリモーフィズムが本書を読んでもよくわからないままだった。で、大切なのは「グローバル変数」をなくすこと。手続型言語から構造化言語への移行時に「GOTO」が敵視されたのと同じようなことがオブジェクト言語への移行時にあったのか。

機械語→アセンブリ→手続型→構造化→オブジェクト指向の歴史と、なぜ構造化なのか、なぜオプションなのかが腑に落ちるように書かれていて納得感が高い。UMLを用いたモデリングとオブジェクト指向言語は直接の関係はないが親和性が高く同時に広がったという捉え方も、この2つを混同をわかりやすく回避している。

オブジェクト指向を理解するのに良書だと聞いていたが、良書であった。Kindle Unlimitedで読んだのでそのうち僕のKindleから消えちゃうのが残念だ。

| | コメント (0)

2020.10.31

『戦略的交渉入門』


交渉学の入門書。大体、そんな学問分野があるんだ…。交渉っていうと口八丁手八丁たまには恫喝でで相手を丸め込んで勝ち取るものっていう印象があるけど、経営学での「交渉」は、ちゃんと理論に則った紳士的なものです。

序盤に、よい交渉の定義があります。「当事者双方の正当な要望を可能な限り満足させ、対立する利害を公平に調整し、時間がたっても効力を失わず、また社会全体の利益を考慮に入れた解決」。まさに三方よし。交渉ってゼロサムで自分の取り分を最大化するゲームじゃないんですね。

コンパクトな新書ながらみっちり詰まってる本ですが、その中から僕が抜き出したポイント3点。

(1) アンカリングには最新の注意を払う
(2) パワープレーはスルーする
(3) 集団的浅慮を理解しておく

何かとストレスがかかる交渉事、勝ち負けを決める対決の場所ではなく、互いの協力のもと建設的な課題解決を作っていく場でありたいですね。

| | コメント (0)

2020.10.18

『竜王戦全集』


竜王戦1期から32期までの棋譜集。180局を掲載している大著である。棋譜並べをすれば勉強になるんだろうけど、それはまあ…

巻頭特集と、棋譜解説の最初の各期の流れを書いたところだけ読んだ。平成時代がどうだったのか、竜王戦の重みとともに感じることができる。令和となり、スターが羽生から藤井に交代して、棋界は大きく変わろうとしている時だからこそ平成を振り返ることが重要だろう。いいタイミングでの竜王戦全集ではないだろうか。

(こんな流し読みで終わったのは、Kindle Unlimitedで読んだから。ちゃんと買った本ならちゃんと棋譜並べしてる。)

| | コメント (0)

2020.10.10

『見るだけでわかるビジネス書図鑑』


Kindle Unlimitedのビジネス書にあった、ビジネス書要約本。理論を網羅的に説明するのではなく、一番心に刺さるトピックスを取り上げてイラスト化するという手法で紹介します。

雑誌的にパラパラと眺める程度の軽い内容が心地よかった。

| | コメント (0)

2020.09.17

『将棋名人血風録 ー 奇人・変人・超人』


棋士の加藤一二三九段が、歴代の名人の人となりを語った本。木村義雄や升田幸三と言った将棋の歴史を語る本に書かれているような棋士との対局が語られていて、加藤一二三は本当に長く現役棋士をやっていたんだなと驚く。

本のタイトルに「奇人・変人」とあるが、内容は至って温厚で、ひふみんの人の良さが表れているほんわか本。努力と信心で栄光を掴むことができる、いま成果が出せなければ、成果を出せる時が来るのをきちんと待つ。一局一局が大切でありながら、長期的な研究の方針を立てなければいけないという棋士の両面も見ることができる。

| | コメント (0)

2020.09.12

『うつ病九段』


3年前に鬱病で休場していた棋士先崎学九段の手記。鬱病に罹患して入院してから、仕事を休みリハビリして棋戦に復帰する直前までを振り返ります。

先崎九段は元A級棋士という実力よりも、3月のライオンの監修やエッセイストとしての知名度の方が高い人物。半分くらいは文筆業の人だと思ってよいか。鬱病を自ら振り返り書かれた本はなかなかないだろうが、この本はキチンと読ませる本に仕上がっている。鬱病は心の風邪みたいに言われるが、本書を読むとそんな気軽な病気でないことがわかる。先崎の軽やかな文章で、病気の深刻さが重く伝わってくる。


| | コメント (0)

«『ネットは社会を分担しない』