2019.08.25

『宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃』


宇宙際タイヒミューラー理論という、何だかよくわからない理論の解説本。ABC予想という素数演算に絡む数学の未解決問題の証明として有力視されている、しかも数学の考え方に革命をもたらす理論とのこと。これだけだと怪しいことこの上ないwww。

ただ、「宇宙際」の宇宙とは、銀河系とかがある宇宙のことではなく、数学の理屈が通じる世界みたいなものか。そう見ると、怪しさは軽減。

最近の数学の書籍で出てくる「群論」がここにも登場。この本での群論解説は直感的に理解しやすいようにかなり噛み砕いて説明しているが、それでも「また群論か…いつかちゃんと勉強しないとなあ」と思わされてしまいます。群論の初歩を勉強したところでIUT理論にまでは全く到達できないけどね。

本書は、IUT理論の説明はほとんどない。前半は数学界を取り巻く状況と、論文が認められる手順、それとIUT理論を考案した望月新一教授の素晴らしさが本書の前半。後半は群論などIUT理論の前段の話。結局、IUT理論ってどんなのなの?で終わっちゃった気がしなくもない…。

| | コメント (0)

2019.08.06

『民事裁判入門 裁判官は何を見ているのか』

民事裁判をするにあたっての心構えや考え方を書いた本。前半は本人や代理人が準備書面を整えるのにどういったことに配慮すべきかを書いている。こうすれば有利ですよというより、どうすれば裁判官に理解してもらいやすいですよと言った解説。本人訴訟なんかきっとやらないだろうとタカをくくってる僕からすると、裁判官の立場で「こんな準備書面を出してくれたらいいのになあ」と書いているようにしか見えないんですけど。

後半は、日本の裁判制度の改善提案。一般人がここの解釈に行き着くには、まず裁判ってどういう仕組みなの?って理解しなきゃいけないわけだけど、この本の読者がどれだけ裁判所に足を運んだことがあるだろうか?と疑問。こういう「入門」を謳う本でも、なかなか入門は難しいよね。

| | コメント (0)

2019.08.04

『天気の子』

新海誠の最新作。大規模プロモーションもあり中高生の夏休み映画のマスト感が高い。子どもらを連れてイオンシネマに向かった。

家出という青春アドベンチャー。言の葉や秒速などの系譜か。ただ、今回はやたらと周りを巻き込みすぎな設定だ。青春の謳歌というにはあまりに犯罪行為を盛り込みすぎで、世界を犠牲にしている。新海誠ワールドもここまできたら、サイア人を登場させたドラゴンボールのような過剰なエスカレーションに感じる。

都市を切り取り、印象的に表現する新海ワールドは前回。今回は代々木駅前の古びたビルを誇張して描いた。新宿歌舞伎町の猥雑性もこれでもかと見せつける。だいたい「バーニラ、バニラ♪」のトラックがオープニングなんて東京を知る大人には強烈なインパクトだ。JR病院、代々木ドコモ、新宿大ガード、田端の崖、神楽坂の坂。東京に根付く物語である。これらが「聖地」として四谷須賀神社のように扱われるのだろうか。

エンタメとしては、ここまで派手な演出がよいのだろう。秒速の頃の新海アニメは遠くなったか。

| | コメント (0)

2019.07.12

『82年生まれ、キム・ジヨン』


韓国でベストセラーになった本。女性差別に虐げられて鬱になった女性の半生を精神科医の視点で振り返るとという構成。

感覚として、女性差別に対しあまりに強く抵抗しすぎて疲弊しているように感じる。そこまで強く抵抗してると、読者の方まで疲れちゃうよね、と。じゃあ女性差別は放置しててよいかというとそうでもなく、徐々に改善しつつ意識の古いオッサンたちの社会からの退出を待つのが現実なんだろう。82年(僕より10年歳下ですね)生まれの韓国人が感じていたこの感覚は、日本でいうと65〜70年くらいに生まれた女性たちの感覚でしょうか。日本はだいぶこういう感覚がなくなってきたので、韓国もあとしばらくで解消するだろうってのは楽観的すぎるかな。

| | コメント (0)

2019.07.07

『わかった!得した!マンション管理 疑問・トラブル解決ガイド-実例250選Q&Aで学ぶ管理組合のための問題解決ブック-』

『わかった!得した!マンション管理 疑問・トラブル解決ガイド-実例250選Q&Aで学ぶ管理組合のための問題解決ブック-』 マンションの管理組合の役員の番が回ってきたので、予習と思ってKindle Unlimitedを探して見つけた本です。「250Q&A」とある通り、知識を体系的網羅的に整理したものではなく、QAを区分けして羅列したものです。専門家の回答が「〜と思います。」という軽いノリの本ですが、まあこれくらいが生々しくて感覚を養うにはいいかな。マンション管理士になるわけではないので、体系的知識までは要らないので。 アンリミらしい軽い読書でした。

| | コメント (0)

2019.07.05

『新聞記者』

森友・加計事件、伊藤詩織事件などを扱った中日新聞の記者、望月衣塑子の著書の映画化。全体的に反政権、反勢力の色が濃く、政治色の濃い映画です。

「内閣情報調査室」で不審な動きを察知した女性記者が、それを暴く取材を進めていくというもの。進行はサスペンスに近い。反体制の社会派映画という触れ込みだが、内情の描き方があまりにわざとらしく、架空の集権国家でのスパイ活動的な楽しみ方になる。

これってよく似た映画を観たことがあるなと考えたら、ほぼ「ペンタゴン・ペーパーズ」ですね。


| | コメント (0)

2019.07.01

イヤホンを「JBL TUNE205BT」から「JBL T110BT」に変更した

1dfd2aade8df456a9d5d080282554632

iPhoneに接続して使うイヤホンをいろいろ探っていて「ネックバンド型」が今のところ一番使いやすそうと「JBL TUNE205BT」を半年ほど使用。だいたい3日ごとに充電して、通勤時にiTunesの音楽を聴いていた。


右耳用と左耳用がコードで繋がっている、一般的に専用充電器は持ち歩かないというのがネックバンド型の使い方の特徴。完全ワイヤレスと言われるタイプは専用充電器を持ち歩くことになり荷物になるのと、耳穴摩擦だけで保持しているので落としやすい難点があった。ネックバンド型は片耳が外れても落っことさないし、両耳を外して肩からダランと下げとくこともできる。


音質は問題ないが、音楽が騒音にかき消されやすい特性があった。だからといって音量を上げるとうるさいし、(カナル型ではなく)インナーイヤー型なので音漏れの心配も出てくる。この辺が難点だった。



片側のイヤホンの耳に当たる樹脂部分が剥がれてきちゃったので、買い換えることに。3000円程度のネックバンド型イヤホンはJBLとsonyと、あとはよく知らないメーカー。検討した結果、同じJBLネックバンド型でもカナル型の「T110BT」。値段はほぼ205BTと同じくらい。


音質は正直、205BTより劣る。迫力とかクリアさとかと無縁の実務的な音。でも、通勤の電車内や車が行き交う道路で聴くとT110BTのほうが205BTより聴きやすい、というか聞き取りやすい。音質を求めるわけではない使い方なので、T110BTに替えて正解だったか。


| | コメント (0)

2019.06.19

『この恋はツミなのか!?』

Amazonプライム・ビデオで見かけた将棋ドラマ。4回だけとお手軽なので観てみました。

内容はごく単純なboy meets girl。内気な男の子が、美人女流棋士に恋をするというもの。深い人間心理を追う映画じゃなくてこういうライトなドラマもたまには観たいもんですね。

公式戦で「王手」と言う、タイトル戦でもないのに着物を着る、タイトルを保持したまま引退するなど、ちょっとひどいなあという設定もありチープな印象のまま終わっちゃいます。こんなチープ度合いがいいのかな?


https://www.mbs.jp/koi_tsumi/

60db893f51954bfe97a6a59bb17e6ad4

| | コメント (0)

2019.06.17

『会社を戦略通りに運営するバランススコアカードの使い方がよくわかる本』

バランスト・スコア・カード(BSC)のことを調べる用事があり、Kindleでダンウンロードした本。 BSCって何かフォーマットがあって埋めていけば評価が出来るような代物というイメージを持っていたのですが、実際にはそのようなものではなかったです。経営戦略から現場の実行への落とし込み方、落とし込むにあたってのMECEの埋め方、評価方法などの考え方がBSCなのですね。 自分の勤務先でも目標管理制度があって、僕も評価者・被評価者として運用していますが、どうしてもTo-Doリストになってしまい、会社が思ってるMBOとしては運用しきれてないなという思いがありました。ここを、本書の言うように「ビジョンと戦略」を軸に「財務の視点」「人材の視点」「業務プロセスの視点」「お客様の視点」を回すよう意識することで、継続した改善になるというイメージです。 ただ、難しいのが、KPIの作り方。管理部門にいると何らかの明確な数値があるわけでなく、漠然とした評価値にならざるを得ない部分があります。本書ではこれを懲らしめ、SMART(明確、測定可能、挑戦的だが実行可能、結果に基く、締切がある)であるべきだとのことだが、現状のMBOもここに苦しんでるわけで…。 で結局はどうやったらよいKPIを見つけることができるかの旅はまだまだ続くのであった。

| | コメント (0)

2019.06.13

『生きているだけで、愛』


2018年11月公開の映画だったが、見逃していたものを、ネット配信で観た。

津名木(菅田将暉)のところに転がり込んできた寧子(趣里)。鬱病の生きにくさを映画で表現する。現代の「生きにくさ」はよくネットなどで語られるが、鬱病の人にとっての困難度は半端ないはずだ。その精神的な困難さを、映像でどう表現するのかというところも困難。バイトの面接が困難だとかはよくある話だが、みんなに優しくされる難しさをよく描いたなと。

ラスト手前のシーンで、寧子も津名木も、いろんなものから解き放たれる。シーンを切り取ったら(文字通り)頭がおかしいだけだが、結局さらけ出してしまうことで苦悩から解き放たれるんだろうな。そうして、停電になれば裸で踊ればいい。

キャリアウーマンとして出てくる安堂の狂気も、見ものである。よく短い映画にこれだけの要素を詰め込んだなと。

| | コメント (0)

«『戦略型ITマネジャー』