« 酒匂川 | トップページ | 王将 »

2005.07.20

境川

平地をたくさん走ろうと、今日のコースは境川。

黒川から国士舘裏へ出て、多摩市場に行ったところでさっそく迷子。恵泉女学園への道がわかりません。いったん尾根幹にでて、適当な道を入ったら、そこは激坂。里山・農村ののどかな景色の中、息を切らして走ります。町田の給水所、鶴川和光小学校を経て大通りに出たところで地名看板を見ると、真光寺。苦労した割には全然進んでいません。その後も適当に走ると、薬師台・金井・玉川学園と、目的の方向に進んでいるのか非常に疑問です。それでも町田方面に進むと、ようやく森野橋、眼下に境川です。

境川に入ってからは一本調子、ただただ川を下ります。最初は道を横断することも多く走りにくいですが、だんだん橋の間隔も広がってきます。目黒の交差点からいったん国道に出て、再び境川に。

普通の都市河川は下流に行くほど建物が増え賑やかになるのに、境川は下れば下るほど都会を離れ田園地帯になるのが面白いところ。瀬谷を過ぎると、住宅もだんだんまばらになってきて、飯田あたりはすっかりのどかな田園地帯です。でも、川を下れば下るほど南風が強くなり、だんだんキツくなってきます。

国道一号からはサイクリングコースがないので藤沢の住宅地を縫って走ります。龍口寺まで来ると、片瀬海岸はもうすぐです。

せっかく夏のビーチです。泳がないにしても海の家で焼そばは押さえておきたいです。と、海の家を見渡すと、バーの雰囲気を出したおしゃれなお店や、有名ラーメン店の看板を掲げるお店など、昔とは感じが違うのですね。座敷で焼そばを食べれるお店を見つけ、そこで今日の昼食です。

▼ 片瀬西浜から江ノ島を望む
050720_1244001_001.jpg

片瀬海岸を少し西に進み、引地川から、帰路に就きます。引地川沿いはサイクリングコースと謳ってはいるものの、公園脇の遊歩道で、自転車の速度はぜんぜんあがりません。このまましばらくのんびりと登って、途中から引地川を離れ、藤沢橋交差点から境川に入ります。ここからは来たコースそのまま引き返しなので、黙々と走り続けます。途中飯田牧場に寄るも、なんと水曜日は定休日。近くのコンビニで水を補給し、また境川を遡上です。午後とあってか、行きよりも自転車の交通量が多いですね。

境川橋でもコンビニ休憩。ここからは木曽交番→山崎団地→今井谷戸→薬師池→新袋橋→鶴川集会所→井の花→真光寺十字路→黒川と、かなりの山岳コースで帰ります。特に、井の花からの鶴川街道が辛かった。

久々に「ちゃんと」走った感がありました。へとへとになって、今日のツーリングはおしまいです。

黒川920-森野橋1015-目黒交差点1030-相鉄境川橋梁1100-藤沢橋1130-1150江ノ島(片瀬西浜)1300-藤沢橋1330-町田駅1500-1600黒川 95km

|

« 酒匂川 | トップページ | 王将 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境川:

« 酒匂川 | トップページ | 王将 »