« 夏の野菜 | トップページ | 境川 »

2005.07.18

酒匂川

足柄地方を流れる酒匂川を走りに行ってきました。

今朝は10時出発と、かなりのんびりモードの出発です。新百合ヶ丘まで走って輪行。妻もだいぶ輪行の手順を覚えてきたようで、なんとか輪行袋に自転車を納めます。重い輪行袋を担いで小田急の急行に乗車。まずは新松田まで、長い列車の旅です。今日は少し靄っていて、丹沢もあまりはっきりと見えませんね。

新松田について、道路の向かいの御殿場線・松田駅に乗り換えます。しかし、次の列車は30分以上あと。微妙な待ち時間なので、コンビニで食事を調達し、駅のホームで昼食を取ります。駅のホームとは言え、近くに迫る山やパラグライダーなどを眺めながらの食事はなかなかのものです。

山北で下車。自転車を組み立て、いざ出発です。地元密着な八百屋さんなどを横目に、246号まで出て、そこからしばらくで洒水の滝です。聞いたことがなかった場所ですが、観光地らしく、観光客がけっこう滝を見に来ています。滝は谷の一番奥の、山影の涼しいところ。近くには名水100選の涌き水(?)もあり、ひんやり冷たい水を触れて、暑さを吹き飛ばして、酒匂川を走りに向かいます。

滝からはしばらく日向の集落を走り、県道に。そこからもう一度酒匂川を渡りなおし、大口広場から酒匂川のサイクリングロードです。まだこのあたりは上流の雰囲気を残していますが、走るにつれどんどん川の景色が下流のものに変わります。多摩川と違って田園地帯を流れる川、サイクリングロードは狭いですが、のんびりと気持ちよく走れます。途中、小田急線と並行して走っている区間もあり、田園地帯を走るVSEも見ることができました。

▼ 酒匂川の景色

富士道橋でサイクリングロードは終わりなので、ここからは適当に小田原方面に走ります。水草の花が咲いた用水路なんかもありました。しばらく走っていると、かまぼこ屋さん街がありました。さすが小田原です。小田原城にでも行こうかとうろうろしていたら、海水浴客らしき人達が…どうやら海が近いようです。西湘南バイパスのトンネルを抜けると、ほんの小さな砂浜が。台風の影響か、ずいぶんと荒い波が打ちつけられていました。

小田原駅に到着。ずいぶん立派な駅ビルになっていて驚きです。輪行袋に自転車をしまい、特急券を買って、しばらくコーヒータイム。(と言って、ビールを飲む) 車内で食べるかまぼこを調達し、帰路はロマンスカー→多摩線→はるひ野駅の、楽チン輪行です。

|

« 夏の野菜 | トップページ | 境川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒匂川:

« 夏の野菜 | トップページ | 境川 »