« 轟音 | トップページ | 書評『黒焦げ美人』 »

2005.08.31

書評「アジアンタムブルー」

死や永遠の概念は難しいけど、何かに置き換えて考えられれば、少し落ち着く。

迫り来る死を受け入れ、待つということは、とても困難だと思います。小説の中では、自ら死を選んだ人、生きるのに困難な状況に追い込まれても生き続ける人、迫り来る死を受け入れる人、死を見届ける人、様々な「死」との関わり合いが描かれています。

深くはまりこんで考え抜き、その結論として日常に帰る主人公に、安心感を覚えて読み終わりました。



アジアンタムブルー/大崎善生/角川文庫

|

« 轟音 | トップページ | 書評『黒焦げ美人』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80265/5720182

この記事へのトラックバック一覧です: 書評「アジアンタムブルー」:

« 轟音 | トップページ | 書評『黒焦げ美人』 »