« 書評「アジアンタムブルー」 | トップページ | オークリーがやってきた »

2005.09.04

書評『黒焦げ美人』

大正浪漫溢れる中、未練、恋心、不安、虚栄取り混ぜ進むストーリー。強盗殺人放火という凶悪犯罪ながらどこか艶やかに美しく、ほろ苦い。
美しき描写に酔う読み方がいいでしょうか。


黒焦げ美人/岩井志麻子/文春文庫/ISBN4167706016

|

« 書評「アジアンタムブルー」 | トップページ | オークリーがやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80265/5780708

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『黒焦げ美人』:

« 書評「アジアンタムブルー」 | トップページ | オークリーがやってきた »