« 初詣 | トップページ | 汁守神社にお詣り »

2006.01.02

若葉台公園

若葉台三和に用事があった帰り、時間があったので家と反対方面の若葉台公園までぶらりと歩いてきました。駅ロータリーから続く歩道を歩くと、テニスコートと、芝生敷きの広い公園です。かなり開放的で、心地いいです。展望台からは、上谷戸の谷間が眼下に見下ろせ、その谷戸の向こうには駒沢女子大のあたりまで望めます。

▼ 若葉台公園 展望台から
060102_1526001.jpg

展望台から階段を降りていったところに池があります。ここは、谷戸を詰めたところに位置していますので、湧水地点になっているはず。谷戸の奥なので日当たりも悪く、朝には氷が張っていることもあるようです。今日行ったのは午後なので氷は張っていませんでしたが、そのかわり湯気みたいなのが出ていました。雨上がりで湿度が高く、夕方で急激に気温が下がっての現象でしょう。幻想的です。

▼ 若葉台公園の「池」

060102_1531001.jpg

▼参考URL
アズネット多摩 若葉台公園

|

« 初詣 | トップページ | 汁守神社にお詣り »

コメント

あけましておめでとうございます。
若葉台公園は、時々、観察会(下記リンクの方)で行くことがあります。
ここのわき水は周辺の3、4ケ所から出てきていて、それを集めて池に流しているというのを、地元の方から聞いたことがあります。
右岸下流寄りの林がなくなったのが少々もったいないですが。

ここから下流にある上谷戸親水公園もなかなか良い場所です。

投稿: aosagi | 2006.01.03 12:28

あけましておめでとうございます。
> それを集めて池に流している
やはり、部分的に人工的なのですね。大規模開発は、自然に酷です。上谷戸親水公園情報、ありがとうございます。若葉台公園からもう少し足を延ばし、上谷戸大橋あたりまで歩いてみたいと思います。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2006.01.03 23:21

>やはり、部分的に人工的なのですね。大規模開発は、自然に酷です。

もっとひどいのは、川が雨水幹線になったり、谷自体が消滅してしまうことでしょう。住宅地開発で中小の川が消滅することは多いです。
それに比べて、上谷戸は恵まれていると思います。周辺の地形は谷頭以外は残っていますし、親水公園には魚もたくさんいるようです。(あまり取らないで下さいね)

上谷戸大橋の下あたりは、昨年12月に工事していました。そのうち開放されると思いますが。

投稿: AOSAGI | 2006.01.04 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初詣 | トップページ | 汁守神社にお詣り »