« 『ITにお金を使うのは、もうおやめなさい』 | トップページ | 厚木から橋本へ »

2006.03.20

黒川の梅を観に

黒川の梅を観に、散歩してきました。

まずは、黒川交差点近くの西光寺です。境内に立派な梅の木。お寺のものだけあって、姿もいいです。

▼ 西光寺
6318-1

鶴川街道を西へ。鶴川街道沿いに街路樹として植えられているコブシもちらほら咲いています。通りの向こう(南側)の斜面にも、梅がちらほら。あったかい日差しもあいまって、春を感じますね。

汁守神社へ到着。安産の感謝で手を合わせてから、裏のヤブツバキを観に行きます。うん、ちゃんと咲いています。梅や桜と違って、ぱらぱらと咲くので派手さはありません。すでに落ちているものもあればまだつぼみもあります。

▼ 汁守神社のヤブツバキ(この写真じゃ咲いている様子がわかりにくいですね)
6318-2

ここからは、発電所を抜けて、毘沙門天堂に向かいます。途中の道の周りの民家や畑に咲く梅もキレイです。毘沙門天堂裏の梅畑は満開! 小さな谷間を埋め尽くす梅は見ごたえがあります。

▼毘沙門天堂裏の梅
6318-3

毘沙門天堂から山桜に向かう途中、左側に大きな造成工事をしている様子があります。何でしょうか? 気になります。山桜向かいの梅並木も満開。黒川の梅ポイントはちょうど見頃のようでよかった。

樹齢400年の山桜は、まだツボミが硬いです。でも、ちゃんとツボミを付けているので、この春もちゃんと咲いてくれるようですね。楽しみです。

▼ 山桜のツボミ
6318-4

ここから海道方面に降りる坂道沿いは菜の花がちょっと咲いているなど、ここでも春を満喫。黒川の梅を観に、春のお散歩でした。

|

« 『ITにお金を使うのは、もうおやめなさい』 | トップページ | 厚木から橋本へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ITにお金を使うのは、もうおやめなさい』 | トップページ | 厚木から橋本へ »