« 『スイングガールズ』 | トップページ | 『人は見た目が9割』 »

2006.03.01

『クローズド・ノート』

クローゼットに残された見ず知らずの人の日記と、自分の恋が同時進行する、不思議な感触の小説。

意外な(そして当然な)接点にはっとします。

読んでいる最中に万年筆が気になり、文具店に足を運んでみました。そこで気付いたのが、自分が、万年筆の似合う生活をしていないこと。パソコンと、大学ノート&100円ボールペンでの生活です。神戸での貿易の仕事で、書類に万年筆でサインをしていたのは随分むかしのことです。

クローズド・ノート / 雫井脩介 / 角川書店 / ISBN4-04-873662-0

|

« 『スイングガールズ』 | トップページ | 『人は見た目が9割』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『スイングガールズ』 | トップページ | 『人は見た目が9割』 »