« 落とし穴 | トップページ | 富士山五合目 »

2006.08.23

『白洲次郎 占領を背負った男』

鶴川の武相荘(ブログ)に行ってから、白洲次郎がどういう人なのか気になって、読みました。

白洲次郎が伊丹で育ったと知って、親近感湧きました。私と意外と関連のある境遇?

吉田茂の側近という性格が強いですが、経済的センス、政治的腕力など、すごい人だったのですね。こういう人を「カリスマ」と言うのでしょう。

この本では、思いがけず戦後占領政治について学ぶことになりました。吉田茂や近衛文麿などももっと知りたいと思ってしまいます。日本国憲法の成立についての記述も、勉強になりました。安部晋三は憲法改正を目指すのでしょうか?

|

« 落とし穴 | トップページ | 富士山五合目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落とし穴 | トップページ | 富士山五合目 »