« 『群青の夜の羽毛布』 | トップページ | 統計的な発想は難しい »

2006.08.03

茅ヶ崎海水浴場へ

南多摩尾根幹線(尾根幹)を西に小山町まで、ここから市街地を抜け、上溝から八王子街道、昭和橋で相模原を渡り、依知神社です。神社のイチョウがとっても立派です。

▼ 依知神社のイチョウ
茅ヶ崎海水浴場へ

ここから、相模川右岸の堤防道路を走ります。路幅が狭く、大型車が追い抜くときにかなり幅寄せされるため、恐怖。この道は走りたくないと思わせる道路です。座架依橋あたりからは歩道があるので、そちらに避難。中津川・小鮎川を渡ってからも相模川沿いのやや地元道を走りますが、路幅も狭く交通量も多く、イマイチ。相厚バイパス・八王子街道(R129)を素直に走ったほうがいいかも知れませんね。(今度試してみよう)

馬入橋を渡り、産業道路を南に折れ、柳島。湘南道路です。浜見平で海岸の自転車動に入ります。舗装の上に軽く砂が乗っていて、いい感触の走り心地。

茅ヶ崎海水浴場(サザンビーチ茅ヶ崎)で、昼食休憩。海の家で、焼きそばを注文。500円。
▼ 海の家の焼きそば
茅ヶ崎海水浴場へ
トレー入り。工夫なし。置いてあったのを今持ってきた。これぞ海の家の焼きそば。片瀬あたりのお洒落になってしまった海の家では入手困難になってしまった一品です。

ヘッドランドのところに水道があったので、手を洗い顔を洗う。スッキリ。トラックと一緒に走ってた砂ぼこりとサヨナラです。

引地川を渡ったあたりから海水浴客が増え、なかなか前に進めません。そろりそろりと自転車を進め、片瀬江ノ島駅です。駅前のコンビニ・商店街に水着のギャルがうろうろしているという、不思議な光景を見ることができる場所です。

藤沢橋から境川サイクリングロード。今田休憩所の取り壊し工事を横目にみて、飯田牧場まで。ここでヨーグルト味のアイスクリーム。それで足りず、牛乳1杯。

▼ 飯田牧場のジェラート
茅ヶ崎海水浴場へ

ここからは、いつも通りの境川サイクリングロードの続き。水筒の水が足りなくなり、ピンチ!と思っていたら自販機があったので、水購入。本日の追加購入は3本目です。(自宅から持っていったのを含め、2.2リットル)。境川橋から一般道を走り、黒川に帰宅です。 約104km。


|

« 『群青の夜の羽毛布』 | トップページ | 統計的な発想は難しい »

コメント

旧藤沢街道沿いにある、飯田牧場。
江ノ島へ遊びへ行くときに、気にはなっているのですが、中々入る機会に恵まれません。
ただ、このジェラートを次男に見せると、彼の思考回路にインプットされてしまい、アイスがないと生きていけない彼は、「アイス・アイス」と騒ぎ出すでしょう。(^_^;)

投稿: kinotakublog | 2006.08.05 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『群青の夜の羽毛布』 | トップページ | 統計的な発想は難しい »