« 雨宿り | トップページ | こどもの国 »

2006.08.14

黒川から小野路へ散歩

黒川から小野路方面へ散歩です。本当の目的は、小山田方面の視察なのですが。

最初は、瓜生黒川往還を上ります。配水地から下り、分水筒へ。冬に来たときには「ラーメン」の旗が立っていたのですが、夏は「氷」ですか…いつ営業しているんだろ?

橋場から坂を登り、真光寺との峠の所で「布田道」に入ります。階段を登らなければいけない難所です。登ると景色がいい。町田方面一望です。で、擁壁上の道を進むと、左下の車道と合流。階段を登った苦労は何だったんだ!
で、また車道と山道の分岐です。山道のほうに進みます。

▼ いずみ浄園前からの山道
00000007

この山道をしばらく進むと、左手に変電所が見えてきます。電源開発西東京変電所。黒川の谷戸からもその威容を見ることができますね。変電所裏を進みます。

▼ 西東京変電所裏の道
00000013_1

変電所が切れたところで、四差路になっている交差点。右は黒川方面?と思って、かなり狭い道ですが下りて見ることにしました。眼鏡に蜘蛛が這うなど、かなり辛い目に遭いながらの行程です。下りきったところで、羽は黒・胴は水色のカゲロウを見ました。谷戸を詰めたところで水が流れる音がするので、源流かな?と覗いて見ると、なんと導水管。残念。

来た道を折り返し、四差路を変電所と逆側に。三社大権現という看板があったので見てみると、広場の奥に何かを奉ってある石碑。

▼ 三社大権現
00000023

ここからも、もうちょっとだけダブルトラック・シングルトラックの未舗装路が続きます。

00000024

しばらくして舗装路になり、別所の集落です。ここから一気に別所交差点まで降りてしまいます。しばしコンビニ休憩。

別所交差点から恵泉女学院方面へ登ります。地図上からは未舗装かな?と期待していたのですが、全線舗装でした。恵泉の裏から、尾根道を降ります。今度は全線未舗装、最初はダブルトラックですぐにシングルトラックになります。下りきったところの谷戸は、休耕田。広々とした原っぱで気持ちいいです。

小野路切り通しを抜け、小野路宿に到着。ここで雨がぱらつきだしたので、小島記念館の軒先で雨宿り。10分ほどで止んだので、再出発。万松寺谷戸から尾根への取り付きを登ります。ここも舗装路。と、突然大雨。どこか雨宿りできないかな…と思って走っていると、屋根の下にベンチのある場所を発見。農作業の待機所かと思いますが、ちょっと失礼して雨が過ぎるのを待ちます。

▼ 雨宿り
00000030_1

小一時間ほどで雨が止んだので、野津田公園裏→小野神社→恵泉裏→国士館裏というルートで一気に帰路につきました。ふぅ、今日は雨にすっかりやられてしまい、小山田に行く目的は未達成です。

|

« 雨宿り | トップページ | こどもの国 »

コメント

こんにちは!黒川瓜生往還からあの山道ですよね?
徒歩ですか?いやいや自転車ですよね!

小山田へ抜けるルート、私も興味津々です。
大妻女子の横からゴルフ場を抜ける道は小径車でも
行けるかなと思ってますが、このレポートの道は
MTB以外無理そうですね。
黒川~小野路はカンペキ山サイだな~、ということがわかり、
今、手放そうかどうか迷っているMTB「Jamis Exile」を
やっぱり手元に置いておきたくなっちゃいました。
(でももう1台折りたたみを買うためには、
どうしてもスペースがないんですよー。
泣く泣く?里親探ししております)

投稿: midora | 2006.08.17 14:42

大妻女子裏のルート探索が今回のメイン目的だったのですが、今回は目的達成せずでした。

今回取ったルート、黒川~小野路別所の布田道は完璧に山サイです。ただ、このルートを取らなくってももう少しマシな道はあります。瓜生黒川往還だったら小径車でもぎりぎり行けるかもしれませんし、国士館裏に抜ける道だったらロードでもOKです。ただし、よこやまの道は突如階段が出現したり、そもそも車両乗りいれ可能かもわかりませんし…

MTBの機動性を手放すのは、辛いですね。でも、自転車は保管スペースという制約が付き物。取捨選択に悩みますね。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2006.08.17 18:18

>大妻女子裏のルート探索が今回のメイン目的
そうでしたか。そこまでの前哨戦で雨にやられてしまったわけですね~。

>MTBの機動性を手放すのは、辛い
Exileを手放しても、まだMongooseの古いMTB(フレームだけ)が残ってます。
それも入れて「ひとりで3台」なので、とにかくどうにかしろ、と言われている次第なのです(sigh..

投稿: midora | 2006.08.17 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨宿り | トップページ | こどもの国 »