« 徹夜明けのファミレスで | トップページ | 鶴見川源流ウォーキング »

2006.09.16

小山田

小山田を散歩してきました。子どもをだっこひもで抱えて。

まずは多摩線に乗り込みます。平日の昼間は、お子様連れが多いですね。他の乗客は多摩センターでほとんど降り、唐木田までは車両に自分たちだけになってしまいました。

駅前のコンビニで食料調達して、出発。尾根幹を越える横断歩道の信号の感覚は短く、2回に分けないと渡れません。信号待ちの間、大型トラックが通る度にビクッと驚く我が息子。

大妻女子大裏から、よこやまの道最終章。整備された散策路は、歩きやすいです。よこやまの道が終わると、狭い車道(幅員2m制限の看板あり)を歩きます。両方に防護ネット、不法投棄多数ありと、あまり心地のいい道ではありません。

しばらくすると、左手に開けた谷戸を見晴らせる場所が。この季節、ナスが実っています。

尾根道に墓地という、のどかな細道を進みます。右手下には正山寺。お堂越しの景色も、なかなかのもの。

長い坂を下り、小山田の集落にでます。車通りは多いものの歩道が未整備の場所もあり、注意して歩きましょう。小山田小学校ではお昼の放送でクイズをやっていました。

大泉寺の参道前通過。立派な桜並木で、春にぜひ見てみたいです。畦道みたいなところから斜面を登り、小山田緑地・見晴らし広場に到着です。

丘の上の広場にベンチ点在。秋の風を感じながらおにぎりをほおばります。まさしくピクニック。

昼食後は、梅木窪分園へ。散策路はなかなか険しく、山歩きの様相です。吊り橋。息子は吊り橋初体験ですが、既にぐっすりと眠っているので、スルー。

アサザ池まで降り、ちょっとだけ下流方面へ。谷戸の田んぼに、やたらたくさんの案山子が立ててあるところがありました。案山子は個性豊か。近くの子どもたちの手作りかな?

ここから唐木田駅までは、ゴルフ場の間を抜けて歩きます。キレイに刈られた芝を眺めつつ、ゴルファーに不思議そうに見られつつ、歩いていきます。

山中分園を過ぎたところでよこやまの道に合流すると、ゴールの唐木田駅はもうすぐです。

2時間半ほどだっこひもで息子をだっこしてのウォーキング、鍛錬になったかな?

|

« 徹夜明けのファミレスで | トップページ | 鶴見川源流ウォーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徹夜明けのファミレスで | トップページ | 鶴見川源流ウォーキング »