« ヤビツ峠 | トップページ | 『伊勢丹だけがなぜ売れるのか』 »

2006.10.27

『グロテスク』

あがいても乗り越えることが出来ない社会階級を、えげつなく表現しています。読後の気分が悪くなる作品です。作者の(意図した)悪意を感じます。

この小説のモチーフになった事件が存在し、和恵のモデルになった女性がいたことを思うと、非常に恐ろしいです。

グロテスク / 桐野夏生 / 文春文庫

|

« ヤビツ峠 | トップページ | 『伊勢丹だけがなぜ売れるのか』 »

コメント

りんむーです。
『グロテスク』文庫になったんですね。
僕はハードカバーで読みました。
確かにえげつないですが、僕は妙なリアリティを感じましたね。

投稿: りんむー | 2006.11.04 09:48

>妙なリアリティ
リアリティこそがえげつない、ですね。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2006.11.04 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤビツ峠 | トップページ | 『伊勢丹だけがなぜ売れるのか』 »