« ままごとセット | トップページ | こぐまのトンピー »

2007.01.20

『名もなき毒』

変な設定だなぁと思って読み始めました。特に、主人公=杉村三郎の設定が、かなりこじつけ的。でも、結論が出る頃になって「そういうことが言いたかったのか!」と膝を打ちました。

[ネタバレあり]

犯罪者心理を、単純な動機と思わせつつストーリーを進め、クライマックスに至って微妙な心理的動機を持ってきたのは、いい意味で読者を裏切ったというか。

二つの全く関係ない事件を並行して走らせ、最後にホロッとさせる作りも、楽しめました。ちゃんと作ってあるミステリー、ですね。

名もなき毒 / 宮部みゆき / 幻冬舎 / ISBN : 4-344-01214-3
http://nifty.bk1.co.jp/bookimages/0270/027059220000.jpg

|

« ままごとセット | トップページ | こぐまのトンピー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ままごとセット | トップページ | こぐまのトンピー »