« 里山&多摩川オフ | トップページ | 飯守神社へ(続) »

2007.01.15

飯守神社へ

1月13日、汁守神社の姉妹社(?) 飯守神社に行ってきました。

ベビーカーを押して、飯守神社まで歩くという、ホントに辿り着けるかどうかわからない旅程です。

まずは、海道ひだまり公園から海道側に下り、向かいの坂道を登ります。坂を登ったところの民家に飼料用のサイロがあります。気になって近づいたら、建物の中に牛が居ました。身近なところに、牛舎があるんですね。

坂を降りると、柿生発電所。思いつきで登った坂ですが、ちょうどいいショートカットでした。

橋場に到着。どんど焼きの姿を見ようと思うと…なぜかすでに焼いたあと。あれっ、14日のはずなのに。不思議に思って通りすぎました。(顛末はこちら)

橋場から坂道を登ります。細い舗装路で、いい感じの散歩道です。坂を登りきったところがいずみ浄苑。景色のいい、明るく開けた公園墓地です。「お墓って、暗くて鬱蒼としたものと思ってたのに、最近は違うのね」とは妻の弁。

ここまでのルート

ここからが、難関。未舗装路です。いずみ浄苑裏は、未舗装路でも路面がよく、ベビーカーを押しても難なくクリア。息子は、自分のすぐ脇に草が通るのが面白いようです。東京多摩霊園の裏あたりからだんだん路面が悪くなってきますが、それでも頑張る。

東京多摩霊園を過ぎたところに、真光寺側に下りる道があるのですが、もうちょっと未舗装路を楽しもうと、まだ直進します。すると、左手に西東京変電所。付近からたくさんの送電線が集まり、電線だらけです。きっと、柵の中にはトランスのお化けみたいなのが大量にあるのでしょう。電源開発のポスターが山道に向けて掲示されているのが面白い。誰が読むのか。右の斜面に「この先行き止まり 川崎市」の看板があるのですが、それを示す道の取り付けすらわかりません…

変電所を過ぎるあたりが最大の難所。かなりの急勾配を、ベビーカーを押して登ります。路面も悪いし、かなりタイヘン。でも、その揺れが気持ちいいのか、息子は眠ってしまいました。

変電所を過ぎたところで、交差点です。右は三沢側源流、直進は小野路給水所方面だと思います。目的地は飯守神社なので、左折します。

左に変電所の塀を見ながら、かなり細い山道を下ります。ベビーカーの前輪は、だいぶ悲鳴を上げているよう。無茶しているな>自分。塀が終わったところで果樹園になり、ようやく舗装路に辿り着きました。ほっ。

ここまでのルート

続きは、次回で。

|

« 里山&多摩川オフ | トップページ | 飯守神社へ(続) »

コメント

放火だったんですね・・
「どんと焼き」の前日に散歩で通りかかったら、おや?なぜか終わっているorz と思ってました。
ひどいことをする人がいるなぁ。バチがあたるわい

投稿: ANNA | 2007.01.16 11:39

>ANNAさん
どんと焼き、こんなひどいことをしてしまう人がいるんですねぇ。子どもが一生懸命作った小屋ですよ!ほんとに、バチあたりです。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2007.01.18 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里山&多摩川オフ | トップページ | 飯守神社へ(続) »