« 高層ビルが生えてきた | トップページ | 梅の切り花 »

2007.01.31

エコプラザ多摩の廃棄プラスチック圧縮梱包設備

わかはなスプラウトなどで取り上げられて話題になっている、エコプラザ多摩の廃棄プラスチック圧縮梱包設備について、多摩市役所の担当者の方に問い合わせてみました。

エコプラザ多摩に廃棄プラスチック圧縮梱包設備を導入する予定なのは、事実であるようです。

導入の経緯

多摩市では、2008年4月より普通ゴミの有料化を行います。それに伴い、多摩市で生じる資源ゴミの量が増えると、多摩市役所は見込んでいます。現在、資源ゴミについては、エコプラザ多摩にて仕分け・資源化を行っていますが、2008年4月以降は現在の設備では不足すると想定されています。

導入する設備

古紙圧縮梱包設備:建物を新規に建て、そこに現在よりも処理能力の高い古紙圧縮梱包設備を導入します。
廃棄プラスチック圧縮梱包設備:現在の建物の古紙圧縮設備撤去スペースを活用し、廃棄プラスチック圧縮梱包設備を導入します。

廃棄プラスチック圧縮梱包設備の概要

家庭より回収されたプラスチック資源ゴミは、まず破袋機にてゴミ袋を取り除きます。それをベルトコンベアに乗せ、手作業で選別します。(誤って混じっているものを取り除きます。) 選別済みの廃棄プラスチックを圧縮し、梱包します。

杉並中継所との違い

いわゆる杉並病を引き起こしたと推測されている「杉並中継所」との違いについて…

杉並中継所は不燃ゴミを扱う設備であり、家庭から不燃ゴミとしてだされたものを、分別なしに全てを合わせて処理をしていました。食品等のゴミも多く含まれているので、嫌気性細菌発生の原因となりました。多摩で予定している設備は選別したきれいなプラスチックゴミのみを扱うとのことです。

杉並中継所では、排水の中間処理槽が大きすぎ、嫌気性細菌が増し、硫化水素発生の原因となりました。多摩で予定している設備は適切な規模の油水分離槽を設置します。この油水分離槽は月に4回の清掃と月に1回の点検を実施し、適切な性能を維持させるとのことです。

なお、この廃棄プラスチック圧縮梱包設備で発生した排水については、建物地下に設置する油水分離槽にて油分を水分を分離し、水分について公共下水道に放出します。

排気について

圧縮梱包設備は室内に設置し、出入口にはエアカーテンを設置することにより、直接周辺に排気されることは防ぎます。活性炭を使用したフィルタを経由して排気します。

排気に関する課題

プラスチックゴミに付着する液体等が圧縮梱包設備で混じり、化学物質が発生する可能性があります。例えば、酸性洗剤と塩素系洗剤の容器を洗わずに資源ゴミとして収拾し、この設備に持ちこまれた場合、塩素ガスが発生します。選別工程でこれらの容器を洗浄したり除去するのは、現実的ではないそうです。また、飲み物・食べ物が付着した状態で持ち込まれても洗浄・除去できませんので、細菌発生から有毒ガス発生の可能性があります。これらについては、多摩市民に対して、資源ゴミに出すプラスチック容器類は必ず洗浄して出すことを啓蒙していく必要があります。

なお、洗剤については容器洗浄することにより下水道に負荷がかかります。例えば洗濯洗剤の場合は使いきった際にゆすいだ水を洗濯中の洗濯機に投入するなどが望ましいとのこと。食品・飲料については、水でゆすいでキレイになるものはゆすいで資源ゴミに。洗剤や湯でないとキレイにならないものについてはそもそも洗浄を行わず可燃ゴミ(多摩市の場合)として出したほうが環境負荷的にはいいとのことでした。

近隣への説明

近隣への説明会を3月中旬頃に実施する予定です。はるひ野地区については、3・4丁目に案内を配布するとのことです。その他地区の人については、近くなったら問い合わせて欲しいとのことです。

2007年4月着工、11月竣工、2008年4月稼動開始予定です。

エコプラザ多摩

|

« 高層ビルが生えてきた | トップページ | 梅の切り花 »

コメント

エコプラザ多摩は唐木田にありますね。多摩市民はゴミの有料可になるかでかなり気になっています。市議会でも討論されています。
話は変わりますが、最近も黒川はるひ野ジョギングコースを回っていますが、最近はるひ野の南側の黒川地区の雑木林を伐採して、地面には騒音と私有道路劣化防止の鉄板を置いて、ダンプとかしきりに走っています。ポリタンクさんしってますか?

投稿: シャノンパパ | 2007.02.01 19:48

唐木田にあるのは、清掃工場とエコにこセンターです。似ているので、紛らわしいですね。清掃工場は余熱で温水プールを営業しています。

海道から西谷にかけての工事は、看板を見ると農地改良だったように記憶しています。山林を畑に変えているのでしょうか?

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2007.02.01 22:55

エコプラザ独自(多摩市独自)の設備に対する見解ではなく、第三者の調査による有害無害の確認を得てその設備の設置の是非を確認したいですね。

投稿: らは | 2007.02.04 02:29

そうですね。あちこち探していても、そういう資料が見つからなくて残念です。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2007.02.04 23:16

現在、はるひ野3丁目で家を建築中のものです。わかはなスプラウトで取り上げられた翌日にハウスメーカーの営業をエコプラザ多摩に向かわせました。エコプラザ多摩の人に杉並と同じじゃないのとハウスメーカーの営業が聞いたところ、まったく違うといい、そのことについて長々と話されたそうです。彼らもかなり杉並病と比較されることに敏感になっており違いを分かってもらうため懸命のようです。
ただ川崎市と稲城市は静観しているのはいかがのものかという気がすることは確かです。
町田のときの八王子市長のように少しは行動に移してほしいものです。

投稿: taokijp | 2007.02.08 23:21

たしかに、健全な市民生活の環境を構築・維持する立場の川崎市が住民に対し何らこの件広報しないのは問題ですね。多摩市から川崎市への連絡が悪いのか、川崎市のアクションが悪いのか、現時点では判断できませんが。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2007.02.10 23:02

川崎市は、副議長の雨笠議員が多摩市に申し入れをしてくれたそうです。その際にも、環境推進課長は「不安を与えているなんて全然知りませんでした」なんて言っているらしいですよ。川崎市長も何かやって欲しいですね。
 しかし、多摩市はひどいよね。僕が独身時代に住んでいた多摩市はもっときれいでこんなやり方するとは思えなかったけどね。
 あと、多摩市がきちんと分別収集するって言ってるけど、ゴミ有料化自体議会を通過していないから。あくまで空約束だと思っていたほうがいいですよ。
 ほんと、多摩市の環境推進課には腹がたちますよ。

投稿: よう | 2007.02.16 02:23

稲城市向陽台に住んでいる者です。昨日知人から今回の件について、メールをもらいました。この件に関して、稲城市民は多くのことを知らされていません。住民レベルで声をあげていかないと、川崎市にしても、町田市にしても動かないのではないでしょうか。
説明会について、2月24日と25日の2日と聞きましたが、25日の1日だけのようですね。もう一度、知人に確認をしてみます。
知らないこと、知らされないことは、怖いことだと思います。ありがとうございました。

投稿: JUNJUN | 2007.02.20 22:17

ゴミ施設は、どこかに必要かもしれませんが、でも公立学校の給食センターの近くにはいらない。多摩市の公立学校に子供を通わせている親としてそう思います。「何もない」という人もいるかもしれませんが、【アスベスト】のように10年後・20年後に「問題がありました」なんて言うことになったら・・・ 給食を食べた子供達が、大人になって、家庭を持って・・・ そこで健康被害が露呈されたら・・・ 昨日各家庭に配布された(新聞折込)多摩市の広報に、エコプラザ施設の増設・改築・新設等の話は全く触れていませんでした。市長がでてきて、住民に説明会を開いてその話が何もない、その前から言えば、説明会の話もその前の広報に載っていない。住民に知られたくない事情があるような気がします。先日近所の集会がありましたが、あまりにこの話を知らない人が多すぎるのに驚きました。とにもかくにも、私は、「給食センター」の横にゴミ施設は無い方が良いと感じます。

投稿: 聖っ子 | 2007.03.06 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコプラザ多摩の廃棄プラスチック圧縮梱包設備:

» (無題) [はるひ野KURARA]
 ご近所のパパさんが、多摩市環境推進課に直接行って、エコプラザ多摩のプラスチック施設の件について、質問してこられました。くろかわポリタング研究所でも、詳しくかいておられますが、とても疑問点が多いです。「絶対に安全」と、多摩市環境推進課の担当者は言わなかったそうです。はるひ野地区には昨年9月、半径500mの170戸の家庭に、説明会のお知らせのビラを配布したと担当者は言ったそうですが、その当時(今でも?)170戸もありません。そこをつっこんで質問すると、建築途中の戸数も入っているとのことです。 建築現場... [続きを読む]

受信: 2007.02.14 20:27

» エコプラザ多摩を考えるHPリンク [(仮)廃プラスチック圧縮施設を考える母の会]
・はるひ野町内会エコプラザ対策部会 ・ くろかわポタリング研究所 .ベルコリーヌ南大沢のBLOG [続きを読む]

受信: 2007.03.03 02:01

« 高層ビルが生えてきた | トップページ | 梅の切り花 »