« 終電近い若葉台駅 | トップページ | 深夜急行バス »

2007.10.28

よこみね緑地を考えよう

はるひ野地区に、「よこみね緑地」という場所があります。

エコプラザのよこやまの道を挟んで反対側から、稲城台病院の南側まで、はるひ野地区の北縁に沿って伸びている緑地帯です。

この「よこみね緑地」の西の端、エコプラザの向かいのあたりは「西谷戸」と呼ばれています。地図には「緑地的施設」とあるだけで、公園なのか何なのか実態が掴めない不思議な場所です。

▼ 西谷戸の場所

この「西谷戸」について、動きがありました。

川崎市緑政課が、「黒川よこみね緑地のことを一緒に考えませんか」というタイトルのチラシを各所に掲示していて、それを読むと黒川よこみね緑地の自然観察を行い、そのあとでみんなで管理手法を考えるとのこと。

開発途中のはるひ野にあって、まだ扱いが不明確な西谷戸でしたが、ようやく何だかはっきりとしそうです。この地域の環境などに興味のある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

チラシの内容(抜粋)
集合場所…黒川よこみね緑地入り口(上記「西谷戸」の地図の場所)
集合日時…平成19年11月10日(土) 午前9時00分
内容…
  ・地区の確認をしながら自然観察をします
   (9:00~10:00 よこみね緑地)
  ・今後の管理や活用方法についてみんなで考えます
   (10:30~12:00 緑農会館(はるひ野駅北口前))
・歩きやすい服装で参加
・申し込みは不要

2回目…12月15日(土) 9:00~ 緑農会館(はるひ野駅北口前)

■参考
黒川谷ツ公園も、市民参加の「ワークショップ」という形で管理方法の原案がまとめられました。
ワークショップニュースレター(グラック)

はるひ野開発の時期に、ここを拠点にした活動が提唱されたことがあります。
黒川はるひ野グリーンネットワーク(UR都市機構)

|

« 終電近い若葉台駅 | トップページ | 深夜急行バス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終電近い若葉台駅 | トップページ | 深夜急行バス »