« 『まっとうな経済学』 | トップページ | 稲城の梨 »

2007.10.11

『伊豆の踊子』

夏休み頃に書店に並んでいた「夏の100冊」系の本屋の書棚から取り上げた一冊です。純文学。

言葉って、ものごとを伝えること以外に、それ自体の美しさを表現できるんだなと再認識。

巻末の解説が三島由紀夫だったのに驚き。

伊豆の踊子 / 川端康成 / 新潮社文庫 / ISBN4101001022

|

« 『まっとうな経済学』 | トップページ | 稲城の梨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『まっとうな経済学』 | トップページ | 稲城の梨 »