« 坂練・京王若葉台車庫周回 | トップページ | 中央環状線新宿線 »

2008.02.23

『昭和維新の朝』

戦前昭和の将校を描いた作品です。

天皇陛下のために突き進んでいった陸軍将校の生き様。現代の教育では、それこそが悪であるとして習います。それゆえ、齋藤瀏の生き方を正当化した書き方が、新鮮です。

天皇のために生き、働き、維新を成し遂げようとするも、天皇により葬り去られた将校の無念、これを美しく描けていると思います。二・二六事件も、単なる軍事クーデター未遂事件としてしか認識していませんでしたが、その参加者の視点で見ると、ある種の感動を感じます。

将官・士官・兵卒の階級差を肌で感じることができないのが残念。この時代のそれら階級差は、相当高い壁があるのだとは思いますが。(単なる一役職者である栗原安秀が、なぜ大量の兵隊を私的に動員できたのかがわからない)


昭和維新の朝 / 工藤美代子 / 日本経済新聞出版社 / ISBN9784532166489

|

« 坂練・京王若葉台車庫周回 | トップページ | 中央環状線新宿線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坂練・京王若葉台車庫周回 | トップページ | 中央環状線新宿線 »