« 若者の街、下北沢 | トップページ | 町村農相? »

2008.09.19

『沈まぬ太陽 アフリカ篇』

日本航空をモデルとする航空会社の、会社対労働組合の対立を描いた小説です。

(上)(下)にわたって、元労働組合委員長への会社からの執拗な嫌がらせを描き続けています。中東からアフリカへ、ひたすら左遷され続けても会社に服従しない、意志の強い主人公。これは、家族にかなりの犠牲を強いる生き方だなぁと感じます。

巻頭に「この作品は、多数の関係者を取材したもので、登場人物、各機関・組織なども事実に基き、小説的に再構築したものである。」と記されています。労働組合側からの取材が多いと感じますが、このような組合差別が公然と行われていていたことは愕然です。

沈まぬ太陽 アフリカ篇 (上)・(下) / 山崎豊子 / 新潮文庫 / ISBN4-10-110426-3,4-10-110427-1

|

« 若者の街、下北沢 | トップページ | 町村農相? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若者の街、下北沢 | トップページ | 町村農相? »