« 『沈まぬ太陽 会長室篇』 | トップページ | 多摩市ミニバスに乗って »

2008.11.19

牛小屋散歩

息子を連れ出し、近所の散歩。何かインパクトのあるものをと、近所の牛小屋を見に行くことにしました。

出掛けに、三輪車を部屋から持ち出す息子。今日の想定コースはアップダウンが激しく、三輪車には不向きなんだよなあ。

でも、結局三輪車で出発。海道谷戸に降りるのですが、素直に海道ひだまり公園から行ったのでは、公園の砂場で足止めを食らい散歩はそこで終わってしまうので、少し南のほうから(2丁目をマニアックに回り込み)、海道谷戸に降ります。はるひ野→黒川の境目はすごい勾配で、三輪車に乗る息子が「怖い! ゆっくりね」と言うくらい。

海道谷戸に降りたところで、ご婦人に声を掛けられます。(海道ひだまり公園に向かう坂道を指し)「この坂道を登ると、どこに出るのですか?」との質問。

「坂道を登ると、はるひ野の住宅街」「坂を上ってすぐに公園で、そこから5分歩くと、展望台」と回答し、我々は牛小屋に向かう坂道を登ります。かなり急坂。舗装も、アスファルトではなくコンクリです。

牛小屋に到着。開放的なレイアウトの牛小屋なので、道路から牛の様子が見えます。しばらく牛を観察。この大きさは、やはり息子には衝撃的なよう。連れてきてよかった。

牛小屋から、南へ向かう道をすすみます。なぜか、道じゅうにおがくずが撒かれている…その上を三輪車で通ります。この感触が楽しかったのか、もう一度通りたいと息子は言いますが、おがくずは何らかの目的(たぶん乾燥)で撒かれていると思うので、撒いている人に遠慮をしてなんとかそのまま進みます。(道路を作業場所に使うなんて、なんて牧歌的…)

柿生発電所からさらに降りたところで、畑作業をしている人。しばらく畑作業を見ていたら、おじさんが土の中の虫を投げてくれました。「怖い~」と逃げ惑う息子。すっかり都会っ子?

セレサモスへ向かいます。左の道から先ほどのご婦人。ご案内どおり展望台に行かれたようで、僕の説明が役立ちました。

セレサモスに入るや否や、息子はアイスクリームの冷凍庫にダッシュ。農産物を買わずに小田原牧場のアイスだけを買い、帰路に着きます。

|

« 『沈まぬ太陽 会長室篇』 | トップページ | 多摩市ミニバスに乗って »

コメント

牛小屋、うわさには聞いていましたが、そちらの方面にあるのですね。ふむふむ。

次回のお散歩コースに追加したいと思います♪黒川初心者なので迷いそうですが^^;


投稿: めいりん | 2008.11.19 12:32

> 黒川初心者なので迷いそうですが^^;
たっぷり迷って、黒川を満喫してください:-P

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2008.11.20 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『沈まぬ太陽 会長室篇』 | トップページ | 多摩市ミニバスに乗って »