« 小田急ハイク&ウォーク 晩秋の野津田公園と小山田緑地を訪ねるコース | トップページ | 牛小屋散歩 »

2008.11.16

『沈まぬ太陽 会長室篇』

『沈まぬ太陽』、壮大な小説でした。

会長室篇は、新生労組や政治家の利権を描いた小説です。

「事実を取材して小説的に再構築した人間ドラマ」と作者は言っていますが、この本に書かれていることがどこまで本当のことで、どこからフィクションなのかが全然判断できず、なんとも…

会社経営が、利権確保と政治活動に明け暮れるさまが描かれています。実際の企業の経営は、そこまでではないですよね、きっと。

5巻の長い小説を読んだのに、ハッピーエンドで終わらない小説でした。「事実を取材して~」なので、仕方ないのでしょうけど。

沈まぬ太陽 4 会長室篇 上・下 / 山崎豊子 / 新潮文庫 / ISBN4-10-110429-8・4-10-110430-1

|

« 小田急ハイク&ウォーク 晩秋の野津田公園と小山田緑地を訪ねるコース | トップページ | 牛小屋散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田急ハイク&ウォーク 晩秋の野津田公園と小山田緑地を訪ねるコース | トップページ | 牛小屋散歩 »