« みなさまのNHKあたり | トップページ | 2009年の手帳を買った! »

2008.11.10

『Real Clothes』 1~5

百貨店の、寝具売場販売員から一転、婦人服アシスタントバイヤーになった女性を描く漫画です。

結婚か仕事かの選択を迫られる人生。といったら、よくある恋愛物語で終わりです。百貨店商品部は、その物語の舞台でしかないのですが、ちょっとそこに興味を持って手に取った本です。

「カリスマバイヤー」(主人公の上司)の表現が、現実離れしていて面白いですね。…この本の表現が現実離れしているのか、実際には百貨店の商品部ってこんなところなのか、特定の商品部がこうなのか、僕の身近なところだけがこうじゃないのか、全然わかりませんが、まあ極端な表現をしているのでしょう。

未完の続き物を買ってしまった… こういうのは、続きを買い続けなきゃいけない羽目になって、少々困ります。

Real Clothes / 槇村さとる / 集英社クイーンズコミック / ISBN978-4-08-865395-2

|

« みなさまのNHKあたり | トップページ | 2009年の手帳を買った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みなさまのNHKあたり | トップページ | 2009年の手帳を買った! »