« 『超ひも理論への招待』 | トップページ | 『揺れる24時間“コンビニライフ”』 »

2008.12.12

小田急登戸駅1番線

小田急登戸駅1番線
小田急線の登戸駅、複々線工場に絡み、長らくの改良工事進捗中です。

現在供用しているホームが、下りが2番線、上りが4番線です。

多摩川橋梁の複々線と登戸〜向ヶ丘遊園間の三線化が終われば、3番線が上り急行線として使用開始されるのは予想が付くのですが、謎なのは1番線。

1番線の向ヶ丘遊園方ホーム端は写真の通り行き止まり仕様だし、その壁の向こうには既存建物が営業中です。路床だけ、出来上がっています。

仮に多摩川橋梁の複々線化の際に供用しても、電車を運転できるのは登戸止まり。その電車を引き揚げるには、一度下り本線に戻さなければいけません。これでは使い勝手が悪すぎます。成城学園前駅止まりの電車を喜多見車庫に入れる方が圧倒的に効率的です。

向ヶ丘遊園方の整備が出来るときのための先行整備だけでしょうか。

かなり謎なホームです。

|

« 『超ひも理論への招待』 | トップページ | 『揺れる24時間“コンビニライフ”』 »

コメント

お久しぶりです。

「向ヶ丘遊園方の整備が出来るときのための先行整備だけでしょうか。」

その通りですよ。
複々線化については、整備する区間として、新百合ヶ丘までを想定しているそうです。
まあ、それ以降は、多摩線があるので、ある程度電車を分けることができるからだそうですが・・・
3線固定とするよりも、将来を見越した改造と言えるでしょうね。

投稿: つるかわ住人 | 2008.12.14 17:52

>つるかわ住人さん
ブログ引越し&再開、おめでとうございます。

やはり、向ヶ丘遊園までのフル複々線化だけへの設備ですか。

複々線化は、新百合ヶ丘まで延長するのが理想でしょうけど、向ヶ丘遊園~新百合ヶ丘の谷間の地形など考えると難しそうですね。 でも、朝ラッシュ時がとりあえずの複々線の目標と考えると、向ヶ丘遊園以西に各駅停車を走らせない今の運用をさらに拡大すると、なんとかこなせるのではと思います。

とりあえず、今のところは下北沢地区の工事が早く終わり、ラッシュ混雑緩和&新宿への速達化&多摩線→代々木上原直通列車増発が早く達成されることを期待しています。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2008.12.14 21:33

こんばんわ。
遊園から新百合間は急行線だけを世田谷通り(津久井道)下に掘るのが手っ取り早いのかなとも思います。緩行線は地上のままになってしまいますが、それでも踏切閉鎖時間の短縮効果はあるでしょう。
鶴川まで出来れば相当ダイヤは楽になるのではないでしょうか?

生田で武蔵野貨物地下線と繋いでも面白いかも…妄想をお詫びします。

投稿: 速達準急 | 2009.04.04 22:12

>速達準急さん
世田谷通り地下を利用するのは、なかなかの案ですね。でも、小田急は今回のダイヤ改正で向ヶ丘遊園~新百合ヶ丘を減便するくらいですから、もうこの線区には投資するつもりはないという姿勢も見えて…

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2009.04.09 22:29

今回の同区間下りの平日夕方時間帯の減便は当該列車が小田原線全体のダイヤの遅延の一因(あくまでも一因)であるからと推察されます。将来像として唐木田以西JR相模原までの延長もスローながら動き出し始めましたので必ずしも生田地区の整備を放棄したとも考えられないのですが…ま、2013年以降でしょうが…

投稿: 速達準急 | 2009.04.26 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『超ひも理論への招待』 | トップページ | 『揺れる24時間“コンビニライフ”』 »