« ちょっと改変 | トップページ | ねんきん特別便 調査結果 »

2008.12.22

『ひとまねこざる』

息子が、NHKのアニメ「おさるのジョージ」にはまっています。ジョージを、自分に見立てているのか?

このアニメには原作の絵本があると知り、本屋に向かいました。

一番最初の絵本は『ひとまねこざるときいろいぼうし』のようです。でも、これはアフリカからおさるのジョージが連れてこられる話で、息子に聞かせるにはもうひとつな話題です。

で、第2作の『ひとまねこざる』を買ってきました。

さまざまな失敗(いたずら)をして、たくさんの人を困らせるじょーじ
でも、その困らせた人を最後には友達として映画に招待する…世の中、愛嬌が全てか?

この絵本からも、現在のアニメに取り入れられている場面があったりです。まだ読んであげていないのですが、きっと気に入ってくれるのでは、と期待しています。

ひとまねこざる / H.A.レイ(光吉夏弥訳) / 岩波書店 / ISBN : 4-00-110922-0

|

« ちょっと改変 | トップページ | ねんきん特別便 調査結果 »

コメント

子供の頃、読んだなぁ。
確か、「ひとまねこざる 自転車に乗る」と云うタイトルだったような…

フロントタイヤ(リム)を壊してしまい、「そうか!ウイリーして乗れば良いんだ」と気づく話だったような。

「無理だろwww」と子供心にツッコんだ記憶があるが。

投稿: まぐ | 2009.01.03 21:11

「ひとまねこざる」は、後に続く「おさるのジョージ」とともに絵本のシリーズになっているので、「自転車に乗る」は、そのうちの一作でしょうね。

絵本でも「そりゃないやろ!」と突っ込みドコロ満載ですが、NHKでやってるアニメはよりエスカレートしていて楽しいですよ。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2009.01.03 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと改変 | トップページ | ねんきん特別便 調査結果 »