« はるひ野タクトホーム撤収 | トップページ | 対馬の不動産ブームに関する雑誌記事2件 »

2009.05.19

息子の空間認識力と黒川谷ツ公園

先日の、幼稚園の運動会の帰りの電車のこと。小田急線に乗っていて黒川谷ツ公園の横に差し掛かったときに、息子が「こっち行ったね」との発言。

このときは、ママ友達が「えっ、ここって入れるの?」の質問になり、それに答えていたので、あまり息子の発言を反芻しませんでした。

あとでふと思うと、黒川谷ツ公園内で歩いて見る景色と、電車から黒川谷ツ公園を見下ろす景色を同じものだと認識している!と気づきました。黒川谷ツ公園はほぼ窪地で、中にいて全体像を把握するのは難しい場所のはず。でも、ちゃんと認識できるのですね。3歳児を侮るべからず。

ところで、近所に住んでいるママ友達でも入れることを知らない「黒川谷ツ公園」について。

ここは、通常は閉鎖管理されています。月に数度だけ開放され、入ることができます。開放する日程は「黒川谷ツ公園ホームページ」の公園の開放日ページで確認することができます。

直近の開放日は、なんと明日=5月20日(水)ですね。

その次の開放日の、5月23日(土)には、「はるひ野里山学校」による観察会が予定されています。

また、その次の開放日である5月30日(土)には「ガイドツアー」も予定されています。

いろんな花が咲き、昆虫も増えてくる季節です。ぜひ、黒川谷ツ公園を散策してみてはいかがでしょうか。


|

« はるひ野タクトホーム撤収 | トップページ | 対馬の不動産ブームに関する雑誌記事2件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はるひ野タクトホーム撤収 | トップページ | 対馬の不動産ブームに関する雑誌記事2件 »