« はるひ野に新型インフルエンザがやってきた | トップページ | 多摩丘陵隊 団地萌えコース »

2009.07.11

小山田通りを登る方向で

小山田通りを登る方向に走ろうとコース取り。

黒川上→国士舘→尾根幹→恵泉女学園裏→ショパン坂→小野神社→向坂→図師半沢→松下谷戸→図師交差点→図師大橋。

小野神社から町田聾唖学校への向坂が、意外と堪えます。

図師半沢通りは、田園地帯を抜けるなだらかな下り坂。芝溝街道のバイパスとして重宝しそう。

喉が渇いてきたし小腹も減ってきたので、コンビニでポカリとカロリーメイトを調達しようと思っていたところ、図師大橋のパン屋「エピソード」がちょうど開店準備中(6時開店)。開店と同時にパンを買い、テラスで小休止。鶴見川沿いの、図師大橋が見えるテラスです。(写真1)
小山田通りを登る方向で

ここからは小山田通り。しばらくはほんの少しの登坂。桜橋を過ぎると道幅が狭くなり、田舎道の様相。写真2は、右肩に見えた畑と山。
小山田通りを登る方向で

鶴見川源流を過ぎてから本格的な登坂。途中からダンシングも使い一気に登ろうとしましたが、尾根幹が見えたところで売り切れ。尾根幹より更に登ることを想定していませんでした。

南多摩斎場入口から尾根幹。アウターに入れ、登りはダンシングを取り入れて早めペースで帰ってきました。

約23km。

|

« はるひ野に新型インフルエンザがやってきた | トップページ | 多摩丘陵隊 団地萌えコース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はるひ野に新型インフルエンザがやってきた | トップページ | 多摩丘陵隊 団地萌えコース »