« ようやく、10000km。 | トップページ | 捉えきれない兵庫県 »

2009.08.11

『キップをなくして』

切符をなくして駅から出られない、という状況から発展するファンタジーです。

駅から出られないかわりに、駅で不自由なく生活する子ども集団。なかなか面白い設定です。

切符をなくした子、ミンちゃん、駅長さん。それぞれが、いろんな選択肢を持ちながら人生を歩んでいる様子が描かれています。実は、切符をなくして駅から出られないことも、この選択肢(オプション)であることが、重要。そして、ミンちゃんは、実は唯一しかない選択肢を取るために、大冒険です。

キップをなくして / 池澤夏樹 / 角川文庫 / ISBN : 978-4-04-382003-0

|

« ようやく、10000km。 | トップページ | 捉えきれない兵庫県 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく、10000km。 | トップページ | 捉えきれない兵庫県 »