« 丸山こもれび公園のブランコ | トップページ | カナディアンコーヒーショップ »

2009.10.14

房総旅行

10月10日~11日に、家族で旅行を計画。

久々に車での旅行がいいけど、1歳の娘が車嫌いで遠出は難しい。ということで、適当な距離の房総方面を選択しました。

朝9時半に出発。第三京浜港北ICからベイブリッジ回りでアクアライン。最初の立寄り地として期待していた海ほたるは満車のためそのまま通過し、対岸へ。1日目の行き先は妻の希望が大きかった「市原ぞうの国」です。

到着。あまり洗練されていない田舎くさい施設。まあ、こういう感じのほうが家族連れではのんびりと過ごせていいのです。ちょうど「ぞうさんショー」が始まるところで、観覧。大きな象が何等も芸をするのは、なかなか見ごたえがあります。

Simgp0915

ショーのあとは、ぞうの背中に乗ってグランドを一周するなんてイベントもあり、息子は大いに興奮です。エサやりもできて、息子はえさバケツを何度も買いなおすくらい…でも娘は象がハナを近づけてくるのに恐怖を感じているようで、私にしがみついて震えていました(かわいそう)。

ぞうの国ですが、キリンやブタ、アライグマ、アヒルなど、いろんな動物がいて、触れ合える動物園としてもなかなか楽しめます。

本日の宿は、富浦漁港にある民宿かたなし。ここは4年前に一度訪れている宿です。宿に到着後、海岸に出てみました。息子が「海に入りたい」とせがむので、靴を脱がして海に入らせましたが、すぐに「冷た~い」と泣き出しました。海はいつまでも夏ではありませんよ。でも、砂浜のビーチなので、夏に海水浴にもってこいの場所です。夏にも来たいな。

Simgp1067

この宿の夕食は、刺身を中心とした魚介類をたくさん出してくれるので、大人二人前しか料理を頼まなかったものの満腹。しかも、新鮮でとてもおいしい! この料理には本当に満足です。南房総まで来た甲斐があった。

夕食後にもう一度海岸に出てみましたが、満点の星空でした。はるひ野ではなかなか見ることができない星空のありがたみ、3歳さんにはわかるかな?

翌朝は、マザー牧場に向けて出発。前日の市原ぞうの国とは違い、メジャーな観光施設です。車もいっぱいで、駐車場の入場渋滞が出来ているわ入場ゲートは人で溢れているわ。

最初に、牛の乳搾りを体験。ほんとは息子に体験させたかったのですが、怖がってできません。妻と私が代わりに(?)体験しました。

次に向かってしまったのが、園内の遊園地。これが、失敗。当然のことながら息子はここから離れようとしません。かなり苦労しました。でも、この遊園地からの眺めは素晴らしかった。房総の壮大な自然も見れるし、東京湾越しの神奈川県方面も見ることができます。

Simgp1085



Simgp1089

ようやくなんとか遊園地を離れ、ファームツアーに参加。羊にエサをあげることができたり、牧羊犬の動きを見ることが出来るなど、なかなか見ごたえのあるツアーでした。

Simgp1217

帰路は、東京湾フェリーを使いました。息子に喜んでもらえるかなと期待していたのですが、息子は遊園地が名残惜しかったようでずっと愚図っていました。残念。

Simgp1232


|

« 丸山こもれび公園のブランコ | トップページ | カナディアンコーヒーショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸山こもれび公園のブランコ | トップページ | カナディアンコーヒーショップ »