« 年末の明治神宮 | トップページ | 2009年を振り返る »

2009.12.30

レフ球からLED電球に交換

レフ球からLED電球に交換
レフ球からLED電球に交換
浴室前の脱衣場の電球が切れたので交換することになりました。

以前にレフ蛍光灯を入れた場所です。(ケーズデンキ若葉台にレフ蛍光灯が無いため通常の白熱レフ球になっていました)

今回は新宿のビックカメラで電球を探します。脱衣場は比較的電気を点けている時間が長いので電気代のことを考えると電力消費の大きい白熱灯は避けたいところ。

お店に行くとLED電球が前面にでてアピール中。でも、レフ球型のLED電球は見つかりません。仕方なく蛍光灯かなと思っていたのですが、LED電球をよく見ると照射が全方位ではなく正面だけです。これって、レフ球と同じ効果なのでは?ということで、60ワット電球相当のLED電球を買ってきました。

取り付けて見ると、電球取付用の天井開口がスカスカでちょっと格好悪い。でも点灯するとちゃんと脱衣場全体が明るくなり、機能面は満足です。点灯状態で天井開口を見ても眩しいからスカスカなのはわからないですしね。

ついでに、売場で見つけたミニレフ球型LED電球も買ってきました。これはリビング入口に取り付け。40ワット白熱灯から25ワット相当のものに換えたのでやや暗くなりましたが、もともと電球の守備範囲は狭いので問題なし。消費電力わずか3ワットということで、これから常夜灯として活躍してもらう予定です。

まだ小型口金(E11?)で60ワット相当のものが高価なので廊下の電球のLED化は難しいですが、それ以外のレフ球は順次LED化できそうな気になってきました。マンションのモデルルームの見栄えを良くするために多用されたと思われるレフ球の消費電力の問題も解決に近付いてきました。

|

« 年末の明治神宮 | トップページ | 2009年を振り返る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末の明治神宮 | トップページ | 2009年を振り返る »