« 「はるひ野・黒川における里山の生き物 今と昔」 | トップページ | 玉藻池 »

2010.01.28

『聖☆おにいさん』

なんだか前から気になっていたマンガ『聖☆おにいさん』の単行本をついに買ってしまいました。

何が気になるって、登場人物が「ブッダ」(釈迦?)と、「イエス」(・キリスト?)というとんでもないカリスマを持ってきておいて「休暇で立川デイズ」というあまりにユルい設定だということ。

最初にこの設定を見たときには、許されるの? 社会問題にならないの? と思っていたのですが、雑誌連載から数年経って問題を聞いていないので、許されているんでしょう。

1巻の前半を読んだのですが、フツー若者二人を描いているだけ。ただ名前がイエスとブッダなだけというのが感想です。これから、二人の宗教性やカリスマ性をどう物語に盛り込ませていくのかが楽しみです。


聖☆おにいさん / 中村光 / 講談社(モーニングKC) / ISBN : 978-4-06-372662-6


|

« 「はるひ野・黒川における里山の生き物 今と昔」 | トップページ | 玉藻池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「はるひ野・黒川における里山の生き物 今と昔」 | トップページ | 玉藻池 »