« トレイル&多摩川オフ | トップページ | 黒川のどんと焼き »

2010.01.11

朝練で目指すもの

昨年3月から、早朝のサイクリングを続けています。たまにツーレポ(ツーリングレポート)を当ブログに掲載してもいます。

先ほど「朝のサイクリング」と書きましたが「朝練」と書くこともあります。

日曜日に多摩川オフで「朝練で何を目指しているの?」と聞かれました。この問いにキチンと回答できませんでした。

冬季になると走行時間帯(午前5時30分〜6時)は暗いし寒いしで一種の「修行」になりつつあります。でも、たかだか10km30分ではロードレースの実力を上げるには全然足りません。中途半端なんですよね。しかも登坂をもがかずに流したりしているし。

ただ流しているだけで鍛練になっていないのに「朝練」なんて書くと真面目に練習している人に申し訳なくて「朝のサイクリング」なんて表記揺れをしたりしています。そんな感じで、ゆるくやってます。

で、何を目指しているのでしょう。

ちょっとの運動でも日々やってれば運動不足解消ってのが表向きの理由でしょうね。この時間しか自転車に乗る時間がないという制限事項で朝練に至っています。

でも裏の心理には、気軽に非日常を楽しむということがありそうです。厳寒の未明に自転車を乗り回すって、あまりに非日常ではありませんか。

他の人の朝練ブログを読んでいると、ボトルに入れた水が凍結するのを喜ぶ記述があったりもします。共感を覚えたりしてしまいます。

|

« トレイル&多摩川オフ | トップページ | 黒川のどんと焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トレイル&多摩川オフ | トップページ | 黒川のどんと焼き »