« 『八月の路上に捨てる』 | トップページ | 雪の降る街 »

2010.02.17

『キリスト教とは何か』

マンガ『聖☆おにいさん』を読んでて、キリスト教ってそもそもどんなの?という疑問を持っていました。そんなところに雑誌の特集でキリスト教を取り上げていたので、手に取りました。

雑誌記事の主眼はキリスト教美術なのですが、特集の中で特に印象的だったのが旧約聖書の解説です。日本の古事記・日本書紀に相当するものなのでしょうか、神による天地創造からキリスト生誕前後までを記したもの、これの解説です。この中に書かれているのは基本的に民族対立の話。ユダヤ人がメソポタミア人やエジプト人に虐げられ、イスラエルに王国を建設するに至る壮絶な歴史が語られています。

単行本でなく雑誌の特集なので、インパクトの強い表現で凝縮されて書かれていますが、なかなか読みごたえがありました。

pen 262号(2010/3/1号) 阪急コミュニケーションズ

|

« 『八月の路上に捨てる』 | トップページ | 雪の降る街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『八月の路上に捨てる』 | トップページ | 雪の降る街 »