« ツール・ド・草津 2010 | トップページ | WEDGE5月号『開発現場にユーザーの声を製造現場に新たな課題』 »

2010.04.22

4月24日(土) 黒川谷ツ公園で春の観察会

はるひ野5丁目、小田急線と京王線に囲まれた場所にある「黒川谷ツ公園」。ここは自然環境の保護のために普段は閉鎖されています。でも、市の委託業者やボランティア団体が管理ができるときに限って、ゲートが開き、中に入ることができます。

参考…黒川谷ツ公園の開放日

今週末、4月24日(土)は、地元のボランティア団体「はるひ野里山学校」の管理による開放日です。川崎市(北部公園事務所)と市民(近隣住民、旧地権者、自然愛好団体など)が話し合って決めた「黒川谷ツ公園マスタープラン」に基づいて、はるひ野里山学校は市民として黒川谷ツ公園の管理活動を行いつつ、自然観察や黒川谷ツ公園の紹介などを行っています。

この開放日に合わせ、はるひ野里山学校では「黒川谷ツ公園 春の観察会」を行います。黒川谷ツ公園は半放置状態の自然が残り、さまざまな植物があります。暖かくなってきたこの季節、さまざまな花が咲き、いろいろな昆虫が花に吸い寄せられてやってきます。新興住宅地な景色のはるひ野ですが、市街地に隣接した場所で大自然を、そしてこの季節を味わえるいい機会です。これを機に黒川谷ツ公園を楽しんでみてはいかがでしょうか。

黒川谷ツ公園 春の観察会 案内(はるひ野里山学校)

|

« ツール・ド・草津 2010 | トップページ | WEDGE5月号『開発現場にユーザーの声を製造現場に新たな課題』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツール・ド・草津 2010 | トップページ | WEDGE5月号『開発現場にユーザーの声を製造現場に新たな課題』 »