« WEDGE5月号『開発現場にユーザーの声を製造現場に新たな課題』 | トップページ | 朝のサイクリングを再開 »

2010.04.25

鵠沼海岸で地引網

会社の労働組合のイベントで「地引網」という珍しいイベントがあったので参加してきました。

場所は、鵠沼海岸。ということで、息子大好きなアイテム「特急ロマンスカー」の登場です。EXEの前から3列目。眺めも抜群な列車の旅です。

鵠沼海岸駅から歩くことしばらく、旧鵠沼プール裏の会場に到着。海岸清掃を終え、地引網開始です。

地引網って、ずいぶん沖のほうからセットされているんですね。引いても引いても網本体は上がってきません。何度も引っ張っては波打ち際に戻り、引っ張っては波打ち際に戻りを繰り返して、ようやく網が海岸近くにやってきました。

Simgp3525

ザルで網の中身をすくう漁師さんたち。地引網で何がかかったかというと…

Simgp3530

シラスです。そう、やはり相模湾といえばシラスですよね。

このあとのバーベキューを楽しんでいると、取れたシラスを洗った生シラスが振る舞われました。こりこりの歯ごたえでおいしい。さっき取れたばかりのシラス、サイコーでした。

バーベキューも早めに終わったので、江ノ島に立ち寄り。江の島に渡る橋の途中から出ている遊覧船で、江の島の岩屋まで。海岸に座ってお菓子を食べたりして、のんびりと過ごします。干潟にヒトデ。息子いわく、ヒトデはお星さまだったんだけど、落ちてきてヒトデになったんだよ、と。なかなか素敵なことを言うものです。

このあと、岩屋洞窟に入ってみます。けっこう奥深くまで掘れているんですね。自然の力は、すごい。ろうそくを持って歩くところなと、アミューズメント性も高く、子どもたちにも喜んでもらえました。

Simgp3567

帰路も遊覧船、ロマンスカーを乗り継いで帰宅。かなりたくさん遊びました。半分眠ったような息子を連れて帰るのが辛かった…

|

« WEDGE5月号『開発現場にユーザーの声を製造現場に新たな課題』 | トップページ | 朝のサイクリングを再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WEDGE5月号『開発現場にユーザーの声を製造現場に新たな課題』 | トップページ | 朝のサイクリングを再開 »