« 桜並木のツリーサークル | トップページ | 週刊東洋経済『スポーツビジネス徹底解明』 »

2010.05.10

多摩川オフ

5月9日はFCYCLE(エフサイクル)の多摩川オフの日でした。僕は、多摩丘陵隊への参加を予定。

多摩丘陵隊は9時30分に登戸に集合。9時に家を出れば間に合う余裕な朝のはずです。しかし、そんな時間に自転車で家を出るのは不可能。ぜったい息子につかまってしまいます。そんなわけで、6時20分に家を出発です。

集合時間まで3時間、どこで時間を過ごそうか? 多摩川上流方面に向かうとどうしても時間が足りなくなりそうなので、鶴見川下流方面に向かうことに。柿生(中村橋)から鶴見川をひたすら下ります。6時台というのに、意外とジョギングや散歩の人が多く、狭い鶴見川サイクリングロードは走りにくい。急ぐ旅ではないので、人を避けながらゆっくりと進みます。鴨居あたりまで来ると河川敷も広く、気持ちのいいサイクリングになります。

鶴見川左岸って川向橋より下流はダートになるんじゃなかったっけ?と思いながらもそのまま進みましたが、大熊川合流~亀の甲橋の短い区間のダートだけで、あとは舗装区間でした。わざわざ日産スタジアム横まで回る必要もなかったのね。

綱島のコンビニで休憩。その時点で7時30分。登戸集合まであと2時間です。直接丸子橋まで行ってしまうと時間余りは確実。六郷橋まで行くと時間が微妙かなぁというのが、この時点での読みでした。

とりあえず、末吉橋から尻手黒川に入り、川崎方面へ。尻手で8時になったので、そろそろ時間的に危険と思い六郷にはまわらないことにし、第二京浜国道(国道1号線)で多摩川大橋へ。ここから多摩川左岸へ。多摩川も人が多いので、のんびりと。少年野球の観戦者のマナーが悪く、閉口してしまいます。(でも、彼らはロードレーサーのマナーの悪さに閉口しているとは思いますが) 丸子橋で右岸に渡り、二子橋。この時点で8時40分。ええ、とっても早く着いてしまいました。このままだと30分前に登戸に着いてしまいます。仕方がないのでちょっと寄り道をしようと平瀬川をちょっと遡り、久地円筒分水や二ヶ領用水などを散策しながら登戸到着です。ここまでの走行が54km。

ここからは「団地萌え」な多摩丘陵隊。多摩ニュータウンその他の団地を巡りつつ、坂をつないで走ろうという企画です。是政まで多摩川を登り、まずは連光寺坂。5分39秒とまずまずの成績でした。コープ東京若葉台をまわり、諏訪団地、永山団地、愛宕団地、松が谷団地、和田団地と多摩ニュータウンを満喫した後は百草周辺の坂巡り。最後は川崎街道から百草給水塔に登る激坂で締めくくりです。

その後、府中の多摩川沿いで多摩川オフ本体に合流。しょうしょうダベってから、帰宅です。

走行距離 約103km。恥ずかしながら久々の100km超えです。後半に短い登坂を繰り返したので、筋肉痛。いい疲労感を味わえました。

|

« 桜並木のツリーサークル | トップページ | 週刊東洋経済『スポーツビジネス徹底解明』 »

コメント

日産スタジアムと鶴見川の間の公園は、平坦ですが練習によい周回路になっています。
この前もローディーやトライアスロンの人たちが周回していました。
道幅が広く人が少ないのがよいです。

http://denali.cocolog-nifty.com/cycle/2010/05/gw-b652.html
ここに地図(GPSログ)があります。

投稿: Kobayashi | 2010.05.10 20:27

>KOBAYASHIさん
新横浜公園の集会はKOBAYASHIさんのブログで気になっていたのですが、大熊川合流地点の景色に惹かれ(好きな景色なのです)パスしてしまいました。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2010.05.11 21:42

高幡不動尊では、新撰組祭りが行われていましたね。また、多摩川では土方歳三鬼脚なんとか50kmをやっていました。何でかなと思い調べてみたら、土方歳三が明治2年5月11日に箱館で戦死したとのこと。その命日の辺りにいろいろなイベントが行われていたことが判りました。

投稿: tiktik | 2010.05.12 00:09

>TIKTIKさん
土方歳三の命日ですか…高幡不動はいいにせよ、鬼足@多摩川はちょっと辛かったですね。

投稿: くろかわポタリング研究所 | 2010.05.13 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜並木のツリーサークル | トップページ | 週刊東洋経済『スポーツビジネス徹底解明』 »