« 『瀕死の救急医療「見える化」を』 | トップページ | 新宿東南口地下歩道 »

2010.05.23

豊川稲荷

木曜日・金曜日と、豊川・名古屋へ出張に行ってきました。

豊川と言えば豊川稲荷。ということで、一本早い新幹線に乗って、仕事の前に豊川稲荷に寄ることにしました。

新幹線こだま号を豊橋で降り、飯田線へ。豊橋駅はJR飯田線と私鉄の名鉄線がホームを共用している珍しい配置。飯田線ホームに行くと僕が乗る1両編成の飯田線の向かいには立派な名鉄特急が。

Pa0_0780

ちなみに飯田線は、こんな感じでローカル線っぽく待っています。

Pa0_0781

ローカル線の車窓を期待してしまうのですが、実は郊外の住宅地を走る電車でした。車窓としては、小田急や京王と大差なく…

豊橋駅に到着。鞄をコインロッカーに預けて、散策開始です。駅前ロータリーに「表参道」なる道を見つけたので、これがメイン通りと察して歩いていきます。毎年初詣の参拝客数で上位に挙がる神社なので人も多いのかなと思ったら、意外と閑散としていました。通りには、こんな風情のある長屋(?)も。

Pa0_0752

そうこうしているうちに商店街を抜けて豊川稲荷の門前に出たので、参道の商店街を振り返ります。

Pa0_0759

この写真の左手に「松屋支店」というお店があり、「B級グルメ出場」と書かれていたので、そこでお昼ごはんにします。頼んだのは、いなりずし7個入り(お吸い物付き)

Pa0_0773

写真左にあるのがわさびいなり。正直、かなり辛いです。お酒があれば病みつきになりそうですが…これがB級グルメに出展するものなのだそうなので、楽しみにしましょう。

で、豊川稲荷への参拝。どうやら、右半分がお寺、左半分が神社というレイアウトです。

▼お寺部分

Pa0_0760

▼ 神社部分

Pa0_0769

きっと初詣などの人ごみでは参拝に時間がかかるのでしょうが、写真のように閑散としている状態では、参拝はあっという間に済んでしまいます。境内地図を見ると「奥の院」があるとのことなので、そちらもまわってみます。

奥の院に行く経路に、こんな景色がありました。なかなか僕好みの景色です。

Pa0_0765

そのあとは、廊下の下の廊下を行きます。探索気分満載。

Pa0_0764

この先には小さな祠がいくつもあり、次々に参拝できます。参道も静かで心休まります。最後に行き着いた、奥の院です。

Pa0_0762

奥の院を出た後は、また「松屋支店」に戻り、「おいなりバーガー」なるものをおやつに頼みます。油揚げの間にヒレカツを挟んだ食べ物。

Pa0_0753

かなり脂っこい食べ物で、ちょっとおじさんには…というものでした。まあ、ご当地名物って、そんなものかな。でも、若者受けはすると思います。

そうこうしているうちに、仕事の時間が迫ってきました。名鉄豊川稲荷線に乗り込み、目的地に向かいます。

Pa0_0751


|

« 『瀕死の救急医療「見える化」を』 | トップページ | 新宿東南口地下歩道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『瀕死の救急医療「見える化」を』 | トップページ | 新宿東南口地下歩道 »