« NS01のバッテリー | トップページ | パンステージエピソードでデローザ »

2010.05.14

『がらくた』

江國香織の小説です。

不思議な雰囲気を醸し出す少女を見つめる大人の視点から、いつしかその少女の視点に移行して物語が進みます。

大人の世界、それもちょっと変わった上質でかつ異質な世界に触れる少女。信念を持ちながらも少女らしい弱さをうまく描いています。

途中から、きっと終結はこうなるんだろうなと予想がついてしまったことが残念。江國香織なら、もう少し変化球を投げれたのではないのかと思ってしまいます。

がらくた / 江國香織 / 新潮文庫 / ISBN9784101339269

|

« NS01のバッテリー | トップページ | パンステージエピソードでデローザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NS01のバッテリー | トップページ | パンステージエピソードでデローザ »