« はるひ野小中学校隣地の行方 | トップページ | 川崎市が大都市制度提唱 »

2010.10.18

iプラザ カルチャーフェスタで影絵など

若葉台にある稲城iプラザが開館一周年ということで「iプラザカルチャーフェスタ」というイベントが開催されていました。

当日の日曜日は午前中だけ予定が空いていたので、家族で若葉台まで行ってきました。

参加したイベントは「親子で楽しむお話会」という百村たんぽぽ文庫による催しです。親子連れ50人ぐらいがiプラザ2階の大会議室に集まりました。

最初は、絵本「おおきなかぶ」の読み聞かせ。大型絵本を、百村たんぽぽ文庫の人が読んでくれました。そのあと「じゃあ、今度は劇仕立てにしましょう、参加してみたい人!」ということで、参加者募集。おばあさん、孫娘...と順に役が決まるのですが、4歳の息子が犬に手を挙げ見事に採用。学芸会風の劇に参加することになりました。次の助っ人を呼ぶ「ねこさ~ん」は可愛く決まりましたdog

絵本のあとは、影絵。仮設スクリーンに手作り感あふれる段ボールやセロファンの人形類を投影し、影絵を演じてくれます。映画と違ってスクリーンの向こうではリアルに演じている臨場感が、いいですね。子どもたちもかなり食いついて観ていました。

こういう、地元イベントならではの手作り行事、地味ではありますが楽しいものです。

|

« はるひ野小中学校隣地の行方 | トップページ | 川崎市が大都市制度提唱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はるひ野小中学校隣地の行方 | トップページ | 川崎市が大都市制度提唱 »