« 尻手黒川を見に行く | トップページ | こどもの国 »

2010.10.24

あたごミニバスを走る

10月10日から、多摩市や地元団体によって「あたごミニバス」が運行されています。

あたごミニバス運行委員会

せっかくなので、朝のサイクリングでこのルートを走ってみることに。

永山駅から乞田五叉路を抜け、あたご一息坂を登ります。なぜ、一息坂…わざわざ登坂を組むとは、バスルートを考えた人は坂バカか?坂を上って給水塔を過ぎたあたりにあたごミニバス専用のバス停がありました。捨て看板的なバス停です。

101024_064301

いちど愛宕通りに戻り、東京大谷幼稚園のところを右折します。愛宕3丁目団地、愛宕4丁目団地の中の道です。耳をすませばで雫が住んでいるような雰囲気のところ。ロケット公園などを過ぎて、愛宕通りを横断します。ここからは「あたご山通り」という名の通りらしい。一部、八王子市鹿島を通ります。緑地に囲まれた緩やかなアップダウンとカーブのある道。多摩ニュータウンらしいのんびりとした光景です。愛宕神社の裏手に出たので、お参りしました。長い参道の階段を登らずしてお参りという、ちょっと楽ちんお参りです。

101024_065301

東京大谷幼稚園に戻ってきたので、五叉路→永山駅でコース終了。約6.6kmの、適度なアップダウンのあるコースです。団地萌えなサイクリストの人は、コースに加えてみてはいかがでしょうか。

東永山小学校から諏訪永山ふれあいの道を通り、のんびりと帰宅しました。

|

« 尻手黒川を見に行く | トップページ | こどもの国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尻手黒川を見に行く | トップページ | こどもの国 »