« ガラスキのアクアブルー多摩 | トップページ | あたごミニバスを走る »

2010.10.23

尻手黒川を見に行く

尻手黒川を見に行く
尻手黒川を見に行く
尻手黒川を見に行く
10月24日(日)に、尻手黒川道路が世田谷通りに接続します。

東名川崎IC方面からはるひ野に車で帰る際、今まではどうしても新百合ヶ丘駅周辺の渋滞に巻き込まれる必要があったのですが、この数百メートルが開通するだけでその煩わしさがなくなります。麻生区周辺の住民にとって、待望の道路開通です。

今朝のサイクリングは、開通間近の尻手黒川工事部分を見に行ってきました。

往路は白鳥中学前を通り片平交差点を右折。まもなく、左手に新設道路が現れます。対向車線には右折レーンも用意され、開通を待ちわびます。<写真1>は、世田谷通りからみた尻手黒川。ほどよい斜度のきれいな登坂路です。小田急線をオーバーパスし、そのまま山口台の山を登る道路です。

新設道路は未開通なので迂回して逆側に行くことに。柿生バスロータリーの坂を登り、真福寺から日光隧道まで、真福寺小学校下を走ります。この道は早朝でも車が多く、走りにくいですね。日光隧道下から吹上まで回り込み、吹上で折り返す形で尻手黒川に乗り込みます。少し登ると出光GSの門。普段はここで右折なのですが、今日は直進で突っ込みます。

まもなく、工事バリケード。新設道路の南側部分です。イベント備品搬入のトラックがバリケードを突破して進入していきますが、私はここまで。バリケード越しに新設道路を見てみると、すぐ先に世田谷通りの道路看板が見えます。こんなに近かったんですね。<写真2>

明日から道路開通。もう吹上を過ぎたところの「予告350m先行止り」<写真3>の看板でウンザリすることもなくなります。

今日の帰路は新設道路が使えないのでリリエンベルグ前から平尾通り→天神通り→学園通りで帰宅です。

1時間かけて15.7kmのポタリングでした。

|

« ガラスキのアクアブルー多摩 | トップページ | あたごミニバスを走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガラスキのアクアブルー多摩 | トップページ | あたごミニバスを走る »