« 朝のサイクリングで江ノ島まで | トップページ | 『くりぎだい』 »

2011.01.07

『ハリガネムシ』

この本を読み進めて最初に思ったのが「読んだことのある本だ」ということ。こうやって、二冊持ちの本が出てくるんだなぁ…くやしいです。

底辺で生きる人間模様を描きながら、主人公もどんどん「底辺」に引きずり込まれていく様を描く小説です。

そこには危険が待っているのがわかりきっているのに、そこにあえて踏み込んでいく。逃げ道がきちんと用意されているのに、その逃げ道には進まない。人間の好奇心と言うか恐怖への憧れと言うか、そいういうものを感じながら物語を読み進めることになります。

冒頭に出てくる「ロゼワイン男」を小馬鹿にしつつ、最後にはロゼワイン男以下の人間に堕ちてしまっているという、ロゼワイン男はそういう指標なんでしょうか。うまく印象付けられていると思います。

暴力シーンは、かなりグロテスクです。著者も、いかにグロテスクに書くか推敲に推敲を重ねて完成した小説ではないかと思います。人間の汚い部分を、これでもかと言うほど見せつけられた小説でした。

ハリガネムシ / 吉村萬壱 / 文藝春秋 / ISBN4163223401

|

« 朝のサイクリングで江ノ島まで | トップページ | 『くりぎだい』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝のサイクリングで江ノ島まで | トップページ | 『くりぎだい』 »