« 『連合都市圏の計画学』 | トップページ | はるひ野駅南口にマンション予定地 »

2011.02.28

ラーメン革命が閉店

ラーメン革命が閉店
息子が「回転寿司に行きた〜い」と言い出し、若葉台駅高架下のくら寿司へ。予約をすると、なんと1時間半待ち。しばらくは待っていたのですが、だんだん子どもらがぐずりだして断念。

じゃ、ラーメンでも食べて帰ろうかと若葉台フレスポESTへ。曲がり角の看板で、ラーメン革命が2月末閉店との情報。じゃらんじゃらんストリートにある「ラーメン革命・おでん革命」に行くことにしました。

このお店の特徴は、無料メニューがあること。カレーライスが無料。料理を2品注文すると焼酎も無料です。

せっかくなので無料メニューを活用しようと、おでん2皿、さつま揚げ、豆腐サラダ、お子様ラーメン2杯を注文。足りない分は、カレーライスを頼みます。夫婦それぞれ焼酎2杯ずつ飲み、満腹になって家族4人の会計が2000円以下という安上がりな夕食になりました。

カレーライスは、お子様用も無料。辛くないルーで盛り付けたあとに練乳で仕上げ。一口食べてみましたが、甘い。でも息子は喜んで食べていました(子どもの味覚って…)。

このラーメン革命・おでん革命は、今日2月28日で閉店。昨日は満席になるくらい賑わっていましたが、普段はどうだったのでしょう。この奥の魚松も退店済みで、空き店舗が並んでしまいます。

若葉台の主導線から外れてしまっている立地なので、そうとう吸引力の高い店舗が来ないとやっていけないんでしょうが、大手が触手を伸ばす場所でもなさそうなところがつらい。

この先どうなる、じゃらんじゃらんストリート。

|

« 『連合都市圏の計画学』 | トップページ | はるひ野駅南口にマンション予定地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『連合都市圏の計画学』 | トップページ | はるひ野駅南口にマンション予定地 »