« 『日本の原子力施設全データ』 | トップページ | 契約電気容量変更工事 »

2011.04.18

ツール・ド・草津

今年も、ツールド草津に行ってきました。

妻の実家に行ったりなんだりで、草津到着は前日の16時ごろ。受付を済ませ、宿にチェックインし、西の河原に行ったり大滝の湯に行ったりで温泉を楽しみます。

110416_163401

今年は飲みすぎないようにしようと思っていたのですが、結局そこそこの酒量を飲んでしまいました。


さて、翌朝。朝風呂に入った後、準備。去年はコース後半が寒すぎて服装の選択を間違えたんだよなぁ…今日も気温低いなぁ…と思って、素肌に夏ジャージ、その上に冬ジャージを着用、ボトムスはタイツにしました。

朝食後屋外に出ると、けっこう気温が上がっている。この時点で冬ジャージはないなと判断。急遽、ブレスサーモ+夏ジャージというかなりイレギュラーな格好に着替えました。

9時半頃に荷物を預け、スタート地点へ。第3グループ中ほどに並びます。
110417_095801

10時にチャンピオンクラスが猛スピードで出発した後、第1グループ、MTB、第2グループ、殺生コースと順に出発していきます。第3グループが出発したのは、10時半頃。前にはたくさんの自転車が走っています。

前に2000人くらい走っているので、どんどん自転車を追い越しながら走ることがメインになります。とにかく台数が多いし、油断すると後方からかなりのスピードで追い越してくる自転車もいるので、気をつけながら追い越しにかかります。追い越すためにいちいち加減速を繰り返していると体力の消耗につながるので、ペースを保つのもひと苦労。たまに、ダンゴ状態になっている集団につかまっちゃったりします。そういう時は諦めて体力温存に努めます。

殺生河原を過ぎると、だんだん景色がよくなります。ちょっとコースが空いて余裕になったところで、走りながら写真を撮ってみました。

110417_104901

いつもは苦労するロープウェイをくぐる辺りですが、今回はそれほど難なくこなしました。ちょっと姿勢が退屈してきたので、ダンシングを取り入れながら登ります。ここから左カーブを曲がるといつも風が強くなるのですが、今年はそれほど風が強くありません。でも、向かい風のときには姿勢を低くして…ハンドル位置を高めにセッティングしているRNC7はかえって下ハンドルが持ちやすく、楽な姿勢で登坂できます。

残り1.3kmの右カーブを登り、どこでラストスパートをかけようかなと思案しながら前を走る自転車に付いていきます。ラスト800mくらいのところでちょうど右が空いたので、よしっと思って加速を試みると…左ふくらはぎが攣りましたorz...結局、アタック失敗。ダンシングをしながら足を伸ばします。(ゴール手前でダンシングしながらアタックをかけない不思議な自転車に見えたことでしょう)

結果は、57分22秒。いつもと変わり映えしません。妥当なところなんでしょうね。心肺的には余裕があったのですが、脚が先に売り切れてしまったのが今回の課題。今回がRNC7の初めての本格的なヒルクライムだったのですが、乗りやすい自転車でした。サイクリング気分で気分良く走れる乗り心地でした。

110417_120902

下山後は、豚汁を食べたあとはサクッと草津を離れ、八ツ場ダム対策の超高規格国道(どうでもいいところまで立体交差を作ってある)を通り原町の岩櫃城温泉で風呂を浴びて遅い昼食。みなさま、お疲れさまでした。

|

« 『日本の原子力施設全データ』 | トップページ | 契約電気容量変更工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『日本の原子力施設全データ』 | トップページ | 契約電気容量変更工事 »