« 『コミュニティを問い直す』 | トップページ | 浮島公園・多摩川オフ »

2011.04.09

図鑑と公園とガイドツアー

図鑑と公園とガイドツアー
今日は黒川谷ツ公園の公開日。あいにくの雨ですが、そろそろ春の花が咲き始める季節です。

息子が最近、道端に咲く花を見て「これ何?」と聞くので、植物図鑑を買いました。意外とお気に入りになったようなので、図鑑を持って谷ツ公園へ。

緑農会館裏から谷ツ公園に入ります。この季節に咲いているのは、カントウタンポポ、タチツボスミレなど。芝生地ではホトケノザなんかもありました。息子が興味を持ったのは、通路に落ちていたキブシ。小さな花が鈴なりに付いているのが面白いらしい。

いったん緑農会館まで戻り、今度は「ガイドツアー」に参加します。公園整備を専門としている会社の人による公園案内です。

あいにく参加者は私と息子だけ。ガイドの人は息子に色々教えてくれながら、園内を歩きます。シロツメグサも花がないと息子は興味を持たないよお…。前回来たときは息子が恐がって西の林地には行けなかったのですが、今日はガイドに付いてスタスタ登って行きました。(お父さんが頼りないのか?)

ガイドの人と話したのですが、黒川谷ツ公園をどのように近隣に住んでいる人に知ってもらうかが課題。きっと黒川谷ツ公園の知名度は低いですよね。だからと言ってインパクトのある「目玉商品」を出してしまうと公園が荒らされてしまうリスクもあります。地味なアピールしかできないのは事実。でも忘れ去られたままだとはるひ野の宝の持ち腐れになるので、何とかアピール手法を見出だしてもらいたいところです。

|

« 『コミュニティを問い直す』 | トップページ | 浮島公園・多摩川オフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『コミュニティを問い直す』 | トップページ | 浮島公園・多摩川オフ »