« RNC7のハンドルを交換 | トップページ | 『金米糖の降るところ』 »

2011.10.19

宅内Wi-Fi化

自宅マンションを無線LAN(Wi-Fi)化しました。いまさら?という感じもあります。1年前までは無線LAN設置の仕事などもやっていたのに、自宅を無線化しないなんてなんたるぐうたら...という感じもあります。ただ、うちのマンションは各部屋にLANポートがあるのでノートパソコンと一緒に3mのLANケーブルを持ち歩けばどこだってネットにつながるので不便はなかったのです。

その状況を変えたのが、先日導入したスマートフォンです。携帯電話用の3G回線では通信速度が遅いし電池の減りも早いので、自宅ではやはりWi-Fi環境で使いたいなぁ...と思い、ビックカメラで無線アクセスポイントを買ってきました。

買ってきたのはELECOMLogitecのLAN-W300N/PR5という小型のもの。スマートフォンほどの大きさしかありません。売り場で見たときは「本当にこんなんで宅内無線化できるの?」と不安になるくらいのものでした。しかし定格1.8wと消費電力も小さいので電源入れっぱなしでも気になりません。

さっそく自宅でWi-Fi設定。まずは買ってきた無線APを...と思ったら、何と無線AP側は設定がありませんでした。予めパスフレーズが本体に設定してあって、そのパスフレーズがシール貼付されているというもの。ただ、LANケーブルと電源アダプタを挿すだけで完了です。

次に、iPhone4Sの設定。Wi-FiをONにして指定されたWi-Fiを選択し、シールに書かれているパスフレーズを入力するだけ。これも、簡単です。で、無駄に無線LAN内蔵だったノートPCもついでに無線化します。これは、以前にBIOSから無線LANを無効にしていたのを忘れていたので、けっこう手間取ってしまいました。AP、iPhoneが簡単だっただけに、BIOS設定なんて面倒くさいことを思いつきもしませんでした。(何を思ってBIOSで無線を止めていたのかは未だに思い出せません。) BIOS設定をしたあとは、指定Wi-Fiに接続してパスフレーズを打つだけ。なんだかんだとあっさりと終わりました。

念のためインターネットの速度計測。だいたい10Mbpsくらい安定して出ている様子。うちのマンションはベストエフォート100Mbpsを350世帯で共用する仕様なので、たぶん無線側ではなくマンションインターネット側の速度限界いっぱいまで性能が出ているんだと思います。

宅内では、物入れの奥に「情報分電盤」と称するエリアがあり、電話端子と宅内HUBがあります。(なぜかテレビは情報分電盤ではなく風呂天井裏にあるんですけど。) 無線APはそこに収容することに。既設の宅内HUBは6ポートで、1ポートを幹線側、5ポートが各部屋に行っています。(3LDKの3部屋+リビングに2ポート) 今回買ってきた無線APの有線ポートは5ポート(幹線側1+支線側4)なので、1部屋の有線ポートは殺して残りを有線接続します。これで既設HUBは用がなくなったので電源OFF。新築から6年半ネットワークを支えてくれてお疲れさまでした。

|

« RNC7のハンドルを交換 | トップページ | 『金米糖の降るところ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RNC7のハンドルを交換 | トップページ | 『金米糖の降るところ』 »