« 雪が残る朝のサイクリング | トップページ | 自転車がやって来た »

2012.02.01

iPhoneのクラサバ化

携帯電話をiPhoneに替えてから3ヶ月が経ちます。3.5インチの大きな画面を生かして通勤中のWEBチェックに大活躍です。

で、実際に巡回している場所は…
・ツイッター
・ニフティメール
・ミクシィ
・フェイスブック
・RSSリーダー
といったところです。どこもWEBのUIを提供していて、基本的にブラウザだけで巡回可能です。

ツイッターはアプリがiOS5に最初から同梱されていたし、ミクシィもフェイスブックも公式アプリが提供されているので、いつのまにかWEBではなくアプリでチェックするようになっていました。

ニフティのメールはずっとWEBで読んでいたのですが、だんだん動作の遅さが嫌になってきました。でも、標準メールアプリにニフティのアカウントを追加すると、肝心の携帯宛メールが読みにくくなるしなあ…と、結局ibisMailという無料のPOP対応メーラーをインストールしてニフティ専用に使うことにしました。

これでWEB巡回先はgoogle readerによるRSSだけになったのですか、これだけ残るとついなんとかしたくなって…とうとうgoogle readerと同期が取れるRSSリーダーアプリ「REEDER」を購入、導入してしまいました。

これで、日常の巡回先はSafari(iPhone標準のWEBブラウザ)を使うことなく全てアプリを使うようになりました。

こうなると、ユーザーインターフェースは全てサーバー側でなくクライアント(iPhone)側で持つことになります。ひと昔前にWEBアプリケーションが大流行したり、今でもhtml5なんてブラウザでリッチなUIを目指す向きもありますが、その流れと逆行しているなあと思いながらのこの構成になってしまいました。

|

« 雪が残る朝のサイクリング | トップページ | 自転車がやって来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪が残る朝のサイクリング | トップページ | 自転車がやって来た »