« こどもののみもの | トップページ | 日食を観察する »

2012.05.20

水沢うどん

(記事が公開待ちのまま残っていたので、今さらながら公開します。4月22日~23日の記事です)

草津の往路の昼食に、伊香保の水沢うどんを食べに行きました。

吉岡町から伊香保に向かう途中の道が水沢うどん街道となっていて、大きなうどん屋が何軒も並んでいます。その中から目立っていた「大沢屋」に入りました。

玄関になぜか岡本太郎作品が置いてあります。

1335358663170.jpg

しばらく待つと、120人収容という大広間に通され、注文。盛りうどんと舞茸天ぷらのセットを頼みました。


1335358665237.jpg

麺がやや透き通っていて、平打ち。程よいコシです。喉ごしがいい、という表現がいいでしょうか。今までに味わったことのないうどんでした。

翌日の草津の帰路にも、結局うどんを食べに行くことに。今度は田丸屋というお店に入りました。
1335358666115.jpg
気温が低かったので、釜揚げうどんを注文。

1335358667055.jpg
う〜ん。釜揚げにしちゃうと水沢うどんのコシや喉ごしが失われてしまいますね。水沢うどんは盛りうどんでいただくのがいちばんのようでした。

田丸屋では普通のテーブル席に通されたのですが、このお店にもという大広間がありました。大広間の前にはこんな庭園も。

1335358668514.jpg

どうやらどこのお店も大型観光バスを受け入れることを前提に作っているようす。そうすると大沢屋の岡本太郎も観光客ウケを狙ったものだなと合点がいきますね。

|

« こどもののみもの | トップページ | 日食を観察する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こどもののみもの | トップページ | 日食を観察する »