« サンリオピューロランド | トップページ | 上平尾土地区画整理事業 »

2012.06.27

『鉄道会社やややこしい』

鉄道の相互乗り入れについての本です。

相互乗り入れというと、はるひ野あたりで見かける小田急多摩線を走るメトロ千代田線の車両や、京王相模原線を走る都営新宿線の車両なんかが目につきますね。

特に、相模原線を走る都営新宿線車両は調布⇔橋本の各駅停車として運用されている車両が多く、なぜ都営車両なの?と疑問に思うようなものもあります。このへんの疑問に答えてくれる本です。メトロホームウェイが代々木上原で運転停車(駅で停車はするけど乗客の乗降りはしない)を行う理由なんかもわかりますね。

相互乗り入れは基本的に社社間の調整事項で、しかも会社間の技術的な制約も多い中で行われています。御堂筋線~北大阪急行線のように運営会社だけ別なのだとわかりやすいのですが、千代田線のように小田急も常磐線も絡んでいるとやっぱり複雑なんですよね。千代田線を使っていわき⇔箱根湯本の観光特急を走らせたらいいじゃないという市民の思いは簡単には実現できないわけです。

神戸高速鉄道なんかは、よくあんなに複雑な路線を運用できているなと改めて感心します。できた経緯も複雑なんですね。



参考リンク…神戸高速鉄道

参考リンク…北大阪急行

|

« サンリオピューロランド | トップページ | 上平尾土地区画整理事業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンリオピューロランド | トップページ | 上平尾土地区画整理事業 »